シドニーライトレールL2ランドウィック線、ついに12月14日に開通!

シドニーライトレールL2ランドウィック線、ついに12月14日に開通!

数年間シドニーシティのメインストリートで行われていた大規模な路面工事が終わりをつげ、ついに2019年12月14日(土)午前11時にL2ランドウィック線が開通、運行開始します。
(Photo credit:Sydney Light Rail)

なにが変わるの?

このL2ランドウィック線は、毎日朝5時から深夜1時までシティーの北側サーキュラーキーと、シティーから南東にあるランドウィックを往来することになります。これにより今まで運行していたL1線に加え、セントラルよりも北のシティー内、今までバスか車でしか行くことができなかったランドウィック周辺へのアクセスが良くなります!

また、運行開始のお祝いとして最初の2日間(12月14日、15日)はL2ランドウィック線に無料で乗ることができます。ぜひこの機会に試し乗りをするといいでしょう。

既に仮運行をする路面電車を見た方もいるかもしれませんが、L2ランドウィック線を走るライトレールは大型で、一度に450人乗車することができます。これはなんと普通のバス9台分。この先6ヶ月は平日朝7時から夜7時まで、サーキュラーキーとセントラル間で4~8分に1本、セントラルとランドウィック間では8~12分に1本の運行が予定されています。朝のバスの混雑や、交通渋滞の緩和に期待が持てますね。

どうやって乗るの?

路上にある停留所に並び、停車した車両に乗り込みます。ライトレールの乗車は、電車やバス同様にオパールカードで支払います。また、ICクレジットカードでの乗車も可能で、その場合オパールカード同様に割引特典が適用されます。割引の内容についてはこちらのオパールカードのページでご確認ください。

L2ランドウィック線の停車駅

L2stopsサーキュラーキーとランドウィックの間で14駅あり、サーキュラーキー、ブリッジ・ストリート、ウィンヤード、QVB、タウンホール、チャイナタウン、ヘイマーケット、セントラル、サリーヒルズ、ムーアパーク、ロイヤルランドウィック、ワンジー・ロード、UNSWハイ・ストリート、ランドウィックとなります。

サーキュラーキーからセントラルのようにシティ内を便利に行き来するのはもちろん、以下のように利用することができますよ。

サリーヒルズ周辺の人気レストランやバーをチェックする
ムーアパークで降車、ゴルフ場やエンターテイメント・クオーター(映画や食事、ショッピングが楽しめる)に行く
ロイヤルランドウィックから広大な公園センテニアルパークに出てピクニック
ワンジー・ロードから社交の場ランドウィック競馬場
UNSWハイ・ストリートはUNSW大学への通学に
・最終駅ランドウィックからはランドウィック病院

なにを持ち込めるの?

ライトレールは停留所が路上にあり、自転車の移動中に便利に利用することができます。センテニアルパークには自転車用のコースもあるため、公園での安全な走行を楽しむのいいでしょう。ただし、混雑している場合には乗車を拒否される場合があるので注意が必要です。

また、ペットの持ち込みも一定条件の元可能となっています。条件としては、

1.乗車中常にケージやかごに入れること
2.きれいであり見るからに危害を及ぼすことが疑われるような状態ではないこと
3.空席を陣取らず、通路の妨げにならないこと
4.乗車中の動物同士が適度な距離を保つこと
5.運転手や乗組員が乗車を許可すること

となっています。

これから開通するL3キングスフォード線について

lightrailLines2020年の3月には、L3キングスフォード線が開通する予定となっています。こちらはL2ランドウィック線と途中で枝分かれしてシティからケンジントンやキングスフォードへ行く線となります。

この辺りも素敵なレストランやお店があるものの車が無いと行きにくい場所だったので、より活性化することになりそうですね。

最初のライトレールに乗車、または見学したいあなたに

シドニーライトレールのウェブサイトでは、運行開始11時のサーキュラーキー周辺は混雑することが予想されるとしています。早めに到着し、日焼け止めや十分な水を確保した上で参加することをおすすめします。

乗車、見学する人で賑わう可能性がありますが、路上で運行の妨げになったり危険な目に合わないよう、周辺にもよく気を付けて楽しんできてくださいね。