電車に乗る

電車に乗る

初めての人のためのシティレール(電車)講座

ダブル・デッカーと呼ばれる2階建ての車両が走るシティレールは、市内中心部(シティ・サークルと呼ばれる)では、ほとんどの部分が地下を走っています。

中にはエクスプレス・サービス(急行)もあるので、乗り込む前に目的の駅に停車するかどうか、プラットホームの表示モニター等で確認しましょう。

こちらの記事は2019年12月に再編集して最新の情報に更新しています。

Step 1 プラットホームと出発時刻を確認する

step1
 複数の路線が通る駅では、 まず構内の案内モニターなど でプラットホーム番号と出発時刻を確認しよう。チャージ(入金)済みのオ パール・カードを持っている場 合は、「STEP3」をご覧下さい。

Step 2 チケットを購入する、オパールカードにチャージ(Top Up)する

オパール・カードをチャージする

 カード残高が不足している場合は、駅構内にあるチャージ用マシンでチャージできます。

  • ①現金またはカード払いのマシンを選ぶ
  • ②オパール・カードをセンサーにタッチさせる
  • ③チャージ金額を選択し、現金または支払い用カードを入れて支払い完了

乗り越し精算はできないので、余裕を持ってチャージしておきましょう。

街中でトップ・アップしたい場合、店頭に「Opal Card Top up here」と書かれたサインがあるコンビニやニュースエージェントなどの小売店でチャージすることができます。また、銀行口座とリンクさせることで自動チャージ(Auto top up)することもできるので、オパールカードのウェブサイト等を確認してみてください。

チケット(切符)を購入する

 オパール・カードを持っていない場合は、チャージ用マシンで片道切符(オパールシングルチケット)を購入します。

  • ①自動券売機で「シングル・チケット」(片道切符)の表示を押す
  • ②行き先の駅名を選ぶ
  • ③金額が表示されるので、お金を入れる
  • ④チケットとお釣りが出てくる

※タッチ・パネル式の券売機でない場合、多少操作が違う場合があります。
※駅名に「City」とある場合は、タウンホール駅、セントラル駅、マーティンプレイス駅、ウィンヤード駅、キングスクロス駅、ミュージアム駅、セントジェームス駅、サーキュラーキー駅の8つの駅のいずれかという意味です。8つの駅のどこかへ行く時は、とりあえずCity行きを選んでおくと予定を変更した時などに便利です。帰りも8つの駅のどの駅からでも乗車できます。

おすすめ! ICクレジットカード、またはデビッドカードで支払いする

ビザ、マスターカード、アメリカンエクスプレスのICクレジットカードやデビッドカードでもオパールカードと同様に支払いができます。ただし、日本で発行されたカードを利用する場合はそれぞれのカードの利用条件に沿った為替手数料等がかかるのでご注意ください。

また、乗車時と降車時に同じカードを使用しないと正しく料金が課金されず、罰金支払いの対象となる可能性があります。必ず同じカードを利用しましょう。

Step 3 自動改札を通る

シングルチケット、通常のオパールカード、ICカード等全て同様に、改札機上のセンサーにタッチします。その後改札が開くので、プラットフォーム内へ入ります。

Step 4 プラットホームで行き先を再確認する

すべての駅には止まらない急行があったり、大きな駅では1つのプラットホームに複数の路線が入ってくることもあります。また、時刻表通りに電車が来なかったり、列車自体がキャンセルになることもあるので、もう1度ここで自分の行きたい駅が表示されているか確認しましょう。

■例えばLimited Stopは急行電車で、途中の停車駅がプラットホームの掲示板に表示されます。通常その後の電車についても小さく表示があるので、自分が乗りたい電車かどうか確認しましょう。また、緊急の変更があったり、掲示板に問題がある場合は、アナウンスで注意を促される場合が多いです。不安な時は、近くの駅員や乗客に、自分の行きたい駅に停まるか確認してみましょう。

Step 5 列車に乗り込む

ホームと車両の間隔が極端に開いている駅もあります。このすき間に落ちる事故が起こりやすいので、足元に注意しましょう。

Step 6 車内のルールを守る

ドア付近のシートは、基本的にお年寄りや体の不自由な人のための優先座席です。空いていれば座っても大丈夫ですが、お年寄りが乗車したら席を譲ることを忘れずに。

車内での喫煙はもちろん、アルコールも禁止(飲食はOK)です。また、対面式の座席では前のシートに足を置くのも厳禁。可動式の座席を動かす場合は、既に座っている人へ「Excuse me.」とひと声かけるのがマナーです。

料金 Fare

0-10km 10-20km 20-35km 35-65km >65km
オパールカード $3.54 $4.40 $5.05 $6.76 $8.69
オパールシングルチケット $4.40 $5.40 $6.20 $8.20 $10.60

※オパールカードやICカードを利用した場合、オフ・ピーク(平日朝7時~9時、夕方4時~6時半を除く時間帯)は上記より30%オフの料金となります。
※子供(4~15歳)、シニア、コンセッション(障がい者)はそれぞれ別の種類のカードとなり、割引料金が適用されます。3歳以下の子供は無料です。
※1時間以内に再度乗車した場合、1つの旅程内と判断され、割引価格が適用されます。
※バス、電車、メトロ、ライトレール、フェリーを乗り継いだ場合、乗り継ぎ後の料金が$2値引きされます。ただし、ライトレールとフェリー間の乗り継ぎのみ値引き対象外となります。
※日曜日はどれだけ利用しても$2.80までの課金となります。

■廃止されたチケット

既に廃止されたタイプのペーパー・チケット(マイマルチ、トラベルテンなど)をまだ持っている人は、使用できないので注意しましょう。詳細はNSW交通局のウェブサイト(Web: www.transportnsw.info/en/tickets/tickets-opal-fares/ticket-retirement.page)を参照してください。

nightsafe

シドニーは比較的安全な地域ですが、夜間はナイトセーフ・エリア(Nightsafe Area)と表示された場所で電車が来るのを待ち、セキュリティーが乗っている青ランプのついた車両に乗るのが安心です。もしくは、利用する人が少ない時間帯には、なるべくタクシーなどを利用しましょう。

週末やスクール・ホリデー(学校休暇)中などは、線路や駅の工事が行われ電車が運休していることがあります。代行バスのサービスが出ますが時間がかかる場合がありますので、事前に駅構内の表示等で注意しましょう。下記サイトでも、2週間先まで工事予定を調べられます。
Web: www.transportnsw.info

タウンホール駅 Town hall Station

townhall

シティの中心部に位置するタウン・ホール駅は、9つの路線が乗り入れる乗り換えの主要駅です。駅の構造がセントラル駅よりコンパクトなため、他路線への乗り換えが楽で分かりやすくなっています。また、北は「QVB」から「マイヤー」へ、西は「タウンホール・スクエア」へ、東は「ザ・ギャラリーズ」へと、ショップやレストランが並ぶ、シドニーでは珍しい地下のアーケードになっています。

観光名所のダーリング・ハーバーやチャイナタウンまで歩いて10分ほどの距離なので、観光客の利用も多くなっています。
 
また、駅から上がってすぐの「QVB」前にあるビクトリア女王の銅像周辺は、待ち合わせスポットとして有名です。

セントラル駅 Central Station

central

セントラル駅は市内だけではなく、郊外や州外への移動の拠点ともなっています。長距離電車が発着するインター・シティ・プラットホームはシドニー駅とも呼ばれます。また、長距離バス会社もセントラル駅に面したエディ・アベニュー(Eddy Avenue)を中心としたエリアに、オフィスと発着所が多くあります。

他州から電車やバスでセントラル駅へ着いた場合は、シティレールを使ってサーキュラキー駅やウィンヤード駅へ出ることもできる他、路線バスのターミナルも隣接しているので、市内を走るバスを利用することも可能です。

■長距離電車

カントリーリンク
Tel: 132-232

■主な長距離バス会社

グレイハウンド・オーストラリア
Tel: 1300-473-946または
Tel: (02)9212-1500

※セントラル駅に隣接するバス乗り場は「レールウェイ・スクエア」と呼ばれており、バスの行き先表示などで「RAILWAY」、「RAILWAY SQUARE」などと表示されます。

シティレール路線図 Sydney Suburban Network

trainmap2019