シドニー新生活ガイド – 住む

シドニー新生活ガイド – 住む
 住み方には、一軒家やアパートを数人でシェアしたり、賃貸や住宅を購入するなどといったさまざまなスタイルが見られる。また、日本とは異なるゴミの捨て方についても紹介する。

住宅の種類

 日本の住宅と比べ、一般的にオーストラリアの家は部屋の面積が広い。天井も高く、十分な居住空間を確保している。

 住宅の種類は、一軒家(House)、フラット(Flat)/ユニット(Unit)、テラス・ハウス(Terraced House)、タウン・ハウス(Town House)などに分けられる。日本でいうアパートやマンションに相当するのが、フラットやユニットである。

●一軒家

 一軒家には、平屋、2階建て、3階建てなどの種類がある。エリアによって高低差が大きいシドニーでは、地形や傾斜を生かした設計がされているのが特徴。

 また、ほとんどの一軒家には芝を植えた庭がある。芝を芝刈り機で刈る作業も、オーストラリア人の典型的なライフスタイルの1つになっている。

●フラット/ユニット

 フラットとユニットは、日本で言うアパートやマンションを指す。3〜4階建てのレンガ造りのタイプは、オールダー・スタイル(Old e r S t y le)と呼ばれている。また日本でいう「ワンルーム」タイプの部屋は、スタジオ(Studio)またはバチェラー(Bachelor)と呼ばれる。

●テラス・ハウス

 家が3〜4軒、それぞれの壁と壁がくっ付き、連なった長屋スタイルの住居を指す。このスタイルは古い建物が多いが、内装は改装(リノベーション)されていることが多く人気が高い。

 多くのテラス・ハウスは、外観に繊細なレース模様の鉄柵であるアイアン・レースが取り付けられているのが特徴でもある。

●タウン・ハウス

 郊外でよく見られる、テラス・ハウスの新しいタイプ。小さな庭が各戸に付いていたり、公園やプール、共同の駐車場などがあったりする。

accomodation2

暮らし方の種類

 短期〜中期滞在者がシドニーで暮らすことを考えた場合、以下のような方法が挙げられる。
①一般家庭に滞在するホームステイ②一軒家や、1つのユニットやフラットに数人で住むシェアハウス。その中で、1人部屋はオウン・ルーム、同じ部屋を数人で一緒に使用する場合は、ルーム・シェアと呼ぶ。
③ユニットやフラット、あるいは一軒家を不動産屋などを通して、契約し住む。

 他にも、農業体験をしながら暮らすファーム・ステイなどもある。これは農場や牧場で農産物の手入れや家畜の世話などの仕事をする代わりに、食事や寝る場所が提供され
るというもの。

 また、オー・ペアと呼ばれる、ホームステイをしながら家事や子どもの世話を引き受けることで、ホスト・ファミリーから報酬をもらい生活する滞在方法などもある。

住まいを探す時の注意点

シェアハウスを選ぶ時は、ベッドルーム以外の共有スペースも確認したい
シェアハウスを選ぶ時は、ベッドルーム以外の共有スペースも確認したい

 住まいを探す際に注意する点は、「目的に合った物件を選ぶこと」「不動産表示について知る
こと」「賃貸物件の場合は借り時を考えること」などがある。

 不動産表示については、日本と異なる点が多々ある。例えば、ユニットやフラットの部屋数。日本のアパートであれば「2D K」は、2つの部屋とダイニング・キッチン(やや広めのキッチン)が付いているという意味を持つが、オーストラリアでは、部屋数は「ベッドルーム数」で表されることが多い。2 部屋ある場合、「2Bedrooms」などと表示されている(ただし、キッチンの広さがどの程度なのかは分からない)。

 また、浴室にはバスタブが付いていることはあまりなく、多くの場合シャワーのみ。駐車場の有無は、路上駐車の可・不可を含め、表示されている場合がほとんどだ。部屋の間取り図は示されていないことが多い。

 更に不動産業者の店舗を訪ねた場合、日本であれば、店頭で表示されている物件より更に多くの物件を店舗側が持っていたりするが、シドニーでは店頭で示されている物件が全てとなっている。その店舗のインターネット上に表示されている情報と内容はほとんど同じであるため、近年ではインターネットを利用して物件を探すのが主流である。

住まいの見つけ方

●インターネットや新聞のクラシファイド欄

 最も利用されているのは、インターネット上のクラシファイド・サイトである。自分の住みたい地域名や住居タイプ、部屋数、家賃などの検索条件を入れると、該当する物件の詳細を見ることができる。

 地域ごとに検索ができるので、各地域による相場の違いや物件の違いが分かるため便利だろう。多くの場合、地域名は「サバーブ(郊外)」名で入力する。シドニーには、どのようなサバーブがあるのか、どの辺りが何と呼ばれるサバーブなのかをあらかじめ調べておくのが良いだろう。

 住宅物件検索に便利なウェブサイトとして「Domain」(Web: www.domain.com.au)や「Realestate.com.au」(Web: www.realestate.com.au)などがある。

●不動産業者

 日本同様、地域ごとに、その地域一帯の物件を扱う不動産業者が存在している。街中の、不動産を取り扱う店舗で、希望の条件を伝えるのも良いだろう。

 また、各不動産業者はウェブサイトを開設していて、地区や物件の価格などが検索できるようになっている(上記2つの「Domain」と「Realestate.com.au」は、オーストラリア全土の物件を取り扱う総合不動産情報サイト)。

●語学学校などから斡あっせん旋してもらう

 留学生やワーキング・ホリデー・メーカーなどの場合、各大学や語学学校が学生向けに物件を斡旋している場合も多く、そうした所を利用することもできる。

シェアハウス物件の探し方

 シェアハウス探しには、住みたいエリアのショッピング・センターなどの掲示板が役に立つことがある。日本語のシェアハウス情報は、日本食材店の掲示板や本誌発行元「日豪プレス」ウェブサイトのクラシファイド欄を活用しよう。

■日豪プレス・ウェブサイト・クラシファイド
Web: life.nichigopress.jp

賃貸物件を借りるまでの手順

①情報収集

 シドニーを含むオーストラリアでは、前述したように新聞やインターネットのクラシファイド欄などで物件をチェックするのが一般的。

②下見の予約

 気になる物件を見つけたら、まずは物件の下見(インスペクション)をするためメールや電話で予約をする。下見は土曜に多く行われ、時間帯は朝10時ごろから午後3時ごろまでに設定されている場合が多い。

 フラットやユニットなどは10〜15分程度、一軒家であれば30分程度、インスぺクションの時間が設けられている。

③物件を見る

 インスペクション当日は、該当する物件の前で待つ。担当者が来て誘導してくれ、物件が気に入らなかったり、検討・保留したりするのであれば、そのまま帰ってしまっても構わない。また、その物件が気に入れば、申込書(Application Form)などをもらおう。

④契約

 物件の契約期間は大抵、6カ月以上となっている。賃料は、週単位で表示されている場合が多く、支払い方法は契約した不動産エージェントや大家などによって異なる。他にも2週間ごと、または1カ月単位で、銀行振込や銀行が発行する小切手による支払い、インターネット・バンキング、直接手渡しなどさまざまな支払い方法がある。

 契約時には、最初の賃料の他に家賃2〜4週間分ほどの保証金(ボンド)、日本でいう敷金を支払うのが通常となっている。敷金同様、契約期間が終わり、物件を出て行く際、特に問題がなければ返金される。

 契約に必要な書類として、パスポート、ビザ、クレジット・カード、キャッシュ・カード、給与明細、雇用証明書、残高証明などが挙げられる。物件の種類や不動産業者によって異なるので事前に確認しよう。

 また、連絡先となる電話番号は必須となる場合が多いので、家探しの前に携帯電話を手に入れておくと便利だ。

ゴミの出し方

ゴミ回収用のボックス(Bin)。写真は紙類やペットボトルなどのリサ イクル・ゴミ用
ゴミ回収用のボックス(Bin)。写真は紙類やペットボトルなどのリサ
イクル・ゴミ用
教会の入り口近くに設置された古着を回収するポスト。ポストに入り きらなくなると周辺に置かれることもある
教会の入り口近くに設置された古着を回収するポスト。ポストに入り
きらなくなると周辺に置かれることもある

 各戸・各集合住宅によって、決められたサイズとデザインのゴミ箱が用意されている。各地域のカウンシル(市役所)が、大体週に1〜2回、ゴミ収集車でゴミを回収しに来る。ゴミ収集の頻度や曜日は、地域によって異なる。

 ゴミ箱には、小さな車輪が付いており、ガラガラと引っ張ることができるようになっている。用途に合わせて主に3種類の大型のゴミ箱があり、赤いふたは生ゴミを含む一般ゴミ、黄色のふたはリサイクル・ゴミ、緑色のふたは草や泥などと分けられている。

 シドニー市のウェブサイトでは、ゴミ収集の方法や住んでいる地域のゴミ収集日がいつなのかなどを検索できるようになっている。

■Waste and Recycling(シドニー市)
Web: www.cityofsydney.nsw.gov.au/live/waste-and-recycling

●粗大ゴミの回収

 住宅地では、粗大ゴミの回収日が近くなると、歩道脇に各戸から不要品として出されたベッドのマットレス、ソファ、棚、机、いす、ぬいぐるみなどさまざまな品物がずらりと並ぶ。もし欲しい物があったら、持って帰っても良い。わざわざ車でめぼしい物を探し回る人や、散歩がてら持って帰る人などもいるほどだ。

●洋服などの不要品を寄付するポスト

 教会の敷地内や公園などで、不要品を寄付するポストを見掛けることがある。下の写真は、教会の傍にある衣類専用のポスト。着なくなった服を捨てずに、このポストに入れることで、それらを必要とする人たちの手に渡る仕組みとなっている。

●ゴミ袋

 大手スーパーマーケットでは2018年7月以降、レジ袋が有料化されたこともあり、生ゴミ用のゴミ袋を購入する必要性が出てきている。ロールタイプで切り取って使う物や、紫はラベンダー、黄色はレモンという具合に香り付きの物などユニークなゴミ袋が販売されている。ゴミ回収用のボックス(Bin)。

写真は紙類やペットボトルなどのリサイクル・ゴミ用
教会の入り口近くに設置された古着を回収するポスト。ポストに入りきらなくなると周辺に置かれることもある

LIVE
ウェザーゾーン Weatherzone

accomodation6

 1998年に設立されたオーストラリア最大の民間気象サービスで、連邦気象庁の情報を基に国内各都市の気概況と向こう1週間の天気予報が見やすい地図と共に閲覧が可能。都市別の日の出や日の入り、降水確率などの情報に加え、サーファーにはうれしい海岸別の波や風向きについての情報も見ることができる。
www.weatherzone.com.au


NSW州フォト・カード NSW Photo Card

accomodation7

 パブやクラブでの年齢確認時やアルコール類の購入時、銀行口座の開設などパスポートに代わって身分証明書となるIDカード。ウェブサイトにある申請書に必要事項を記入の上、サービス・センターで作成が可能(要身分証明書)。申請には、NSW州に居住している証明や16歳以上である必要がある。
www.rms.nsw.gov.au/roads/licence/nsw-photo-card.html


オーストラリア・ポスト Australia Post

accomodation8

 オーストラリア連邦政府によって管理されている国営の郵便会社。手紙や商品の発送や受け取り、公共料金の支払い、保険の加入などの手続きをすることができる。また、ギフト・カードやSIMカードの販売も行っている。赤色のポストは「普通郵便」、黄色のポストは「速達」と分けられている。
www.auspost.com.au


ケー・ブイ・ビー・クンルン KVB Kunlun

accomodation9

 多様な金融商品をアジア地域に提供することに特化した金融機関。インターバンク市場に連動した流動レートを採用することで、非常に有利な為替レートを提供している。出張や旅行の際の両替、移住や帰国、不動産購入などまとまった資金移動が必要な際に便利だ。

Level 33, Governor Macquarie Tower, 1 Farrer Pl., Sydney
8263-0186
www.kvbgc.com/jp
Info: 日本人担当者常駐、日本語ウェブサイトあり


在シドニー日本国総領事館 Consulate-General of Japan, Sydney

accomodation10

シドニーに住む日本国民の身の安全の確保と、重要な届け出などの各種手続きを行う在シドニー日本国
総領事館のウェブサイト。在留届、旅券、在外選挙、出生届・婚姻届、各種証明書についての情報を入手する
ことができる。在留邦人向け安全マニュアル『シドニー安全の手引き』なども、ここからダウンロード能。
www.sydney.au.emb-japan.go.jp


NSW州交通局 Transport for NSW

accomodation11

 シドニーを広域にわたって交通情報を提供しているウェブサイト。電車、バス、トラム、フェリーなどシドニーの公共交通機関の利用方法や休日を満喫できるイベント情報、各交通機関の座席予約も可能だ。通学・通勤時に便利なオパール・カードのトップ・アップ(チャージ)や、時刻表ルートの確認もできる。
www.transportnsw.info


オーストラリア国税局 Australian Taxation Office

accomodation12

オーストラリア連邦政府の主要な歳入の徴収機関。税金(タックス)や退職年金制度(スーパーアニュエーション)を管理している。また、オーストラリア国内で働く際、雇用主に提出義務のあるタックス・ファイル・ナンバー(TFN)の取得もオンライン上で可能。新しい事業を始める際の必要な規制手続きなども確認ができる。
www.ato.gov.au/About-ATO