シドニー新生活<教育>

シドニー新生活<教育>

 子どもが幼い時から個性や自主性を重んじる傾向があるオーストラリアの教育。就学前教育から大学までの教育制度についての基礎知識を、ニュー・サウス・ウェールズ(NSW)州を例に紹介していきたい。

オーストラリアの教育制度

 連邦国家であるオーストラリアでは、教育制度は州ごとに異なっている。NSW州の大学入学までの教育制度は、就学前教育、準備教育(キンダーガーテン、通称キンディー)、初等教育(プライマリー・スクール)、中等教育(ハイ・スクール)に分かれる(下記図)。就学前教育は日本の幼稚園や保育園に相当する。プライマリー・スクールは日本の小学校に、ハイ・スクールは中学校及び高等学校に相当する。日本のように学年が小学校、中学校、高等学校で区切られておらず、初等教育のイヤー(Year)1から中等教育のイヤー12までの12年間を通して「イヤー○」という呼び方をする。義務教育期間は、イヤー1からイヤー10までだ。
 学期はタームと呼ばれ、4学期制であり、新学期は1月末から始まる。NSW州では、プライマリー・スクールに併設されたキンディーから学校生活を始めるのが一般的である。その年の7月31日までに5歳になる子どもが、同年に始まるキンディーに入学できる。遅くとも子どもが6歳の誕生日を迎えるまでに入学させなくてはいけない。もっとも、オーストラリアでは保護者が入学時期を決めることも可能で、子どもの状態によって、早めたり遅らせたりすることができることも覚えておくと良いだろう。

就学前教育

 NSW州では、3〜4歳から就学前の教育を受けることが奨励されている。就学前教育は主に公立や私立のプレスクール(Pre-School)で行われる。この他、保育施設であるデイ・ケア・センター(Day Care Centre)で、子どもの早期教育に力を入れている所もある。必ずしも日本の保育所や幼稚園などと内容が重なるわけではないので、英語で理解するのが良いだろう。

準備教育

 5歳前後からは、義務ではないが、キンディーに通う。キンディーでは楽しい時間を過ごしつつ読み書きや算数が学べるような工夫がなされている。また、インファント・スクール(Infant School)と呼ばれる学校もある。ここは準備教育からプライマリー・スクールのイヤー2までをカバーし、このスクールが終わるとイヤー3から他のプライマリー・スクールに通うことになる。

初等教育

 イヤー1 からイヤー6 がプライマリー・スクール。プライマリー・スクールで学ぶ主要な教科は、英語(English)、算数(Mathematics)、理科(Science)、創造芸術(Creative Arts)、社会と環境(Human Society and its Environment、略称HSIE )、心身発育と保健体育(Personal Development, Health and Physical Education、略称PDHPE)などである。NSW州のカリキュラムは、州の教育局NSW Education Standards Authority(NESA)のウェブサイトで見ることができる(Web: www.boardofstudies.nsw.edu.au)。

中等教育

 イヤー7から始まるハイ・スクール。イヤー10の修了時には義務教育修了証明書(RoSA)が交付されるが、そのためにはイヤー7から、英語、数学、科学、歴史、外国語など8科目を取らなければならない。
 一般のハイ・スクールに入学試験はないが、有名大学進学率の高いセレクティブ・スクールと呼ばれる選抜校に入学するためには試験に合格しなくてはならない。私立校はキリスト教系の学校が多い。また、専門科目に特化した公立高校には、クリエーティブ・アンド・パフォーミング・アーツ・ハイ・スクールズ、テクノロジー・ハイ・スクールズ、スポーツ・ハイ・スクールズなどがある。NSW Education(Web: education.nsw.gov.au)のサイト内にある「Selective high schools and opportunity classes」からこうした学校を探すことができる。イヤー11と12では、HSC(ハイ・スクール修了証)を取得するために最低5科目を勉強する。
 プライマリー・スクールもハイ・スクールも公立校の場合、オーストラリア国籍や永住権を保持していれば学費は無料。ビザのカテゴリーにもよるが、テンポラリー・ビザ保持者の場合年間約5,000〜6,000ドル掛かる。

◆NSW州と日本の教育制度比較(高校卒業相当まで)
Edu2

日本人学校と補習校

■日本人学校
「シドニー日本人学校」は、NSW州の教育・地域社会省の認可を受けた私立学校である。また日本の文部科学省から義務教育課程と同等の教育を行う在外教育施設として認可されている学校でもある。将来日本に帰国する予定がある人や、日本の学校と同レベルの日本語を維持したい場合などは、シドニー日本人学校に通うという選択肢もある。また、シドニー日本人学校の特徴として、オーストラリアのカリキュラムで運営される「国際学級」(キンディー〜イヤー6)を併設していることも挙げられ、日本人学級と国際学級との交流も行われている。
■日本語補習授業校
 週末に開講している日本語補習校はシドニー全域に複数ある。日本人父母のボランティアや日本人在住者の親睦団体によって運営され、幼児から小中学生を対象に日本語を教えている。日本語教育だけでなく、日本文化の継承も目的としていて、日本の伝統行事や生活習慣を同世代の子どもと楽しく学ぶプログラムが取り入れられている。

高等教育

1850年創立の歴史あるシドニー大学(University of Sydney)
1850年創立の歴史あるシドニー大学(University of Sydney)

 オーストラリアの高等教育は、主に大学とTAFE(Tertiary and Further Education)で行われる。
 オーストラリアには全国に43校の大学があり、NSW州ではシドニー大学、ニュー・サウス・ウェールズ大学、シドニー工科大学、マッコーリー大学などが有名である。大学ごとの入学試験はなく、高校の成績と卒業試験の結果などで希望学科への入学が決まる。2つの学士号や修士号を取得するために、二重学位(double degree)または混合学位(combined degree)の課程を履修する学生も多い。人文、商業、法学、科学分野でよく見られる。入学後の転科、転部、あるいは転学も比較的簡単に行われる。休学して旅行や仕事をしてから復学したり、社会人入学も多い。
 TAFEでは、卒業後の就職を見込んだ実地的なコースが数多く用意されている。6カ月の短期コースから、ディプロマと呼ばれる専門資格を取得する3年コースまである。高校卒業後に入学する人の他、社会人や再就職を目指す人たちなど学生の年齢層は広い。オーストラリアのの教育機関は性別や年齢に関係なく広く門戸を開いている。