【コラム】 ボランティアが生きがい?

【コラム】 ボランティアが生きがい?

コラム ボランティアが生きがい?

ボランティア活動が盛んなことも、オーストラリアの特徴の1つと言われています。

2015年に発表された政府の統計によると、10年時点で、18歳以上のオーストラリア人で公式なボランティア活動に参加している人は36.2パーセント、実数にして610万人にも上っています。1995年の320万人から大きな増加です。

非公式な個人的なボランティアを含めると、統計は無いが、膨大な数になるでしょう。

公式ボランティアの場合、管轄する組織に申し込んでボランティアを行うことになりますが、現在最も多いのはスポーツ・レクリエーション関係で37パーセント、次いで福祉・コミュニティー関係22パーセント、同じく宗教関係22パーセントとなっています。

もっとも、ボランティアに対する意気込みは「仕事はそこそこに、ボランティアが生きがい」という熱血派の人から、「ボランティアは社交の場」というエンターテインメント派まで、考え方・関わり方は人それぞれのようです。