日本帰国後の就職先にフォーカス!

日本帰国後の就職先にフォーカス!

オーストラリア滞在中も念頭に
日本帰国後の就職先にフォーカス!

 2020年の東京五輪開催などを受け、予想を上回る勢いで増加している訪日外国人。近年そうした訪日客を受け入れもてなす旅行・観光・ホテル、マッサージや美容のリラクゼーション、飲食などのホスピタリティー業界ではグローバル人材を求める動きが加速している。本特集では日本帰国後に向けた就職支援や、日本でグローバル人材として活躍できる機会を提供する企業を紹介する。

japan1

BBI ジャパンセンターオーストラリア

良い就職に向けた1年間の効果的な留学スケジュール

良い就職に向けた1年間の効果的な留学スケジュール

日本語教師養成講座、TOEIC講座も開講しているオフィス

日本語教師養成講座、TOEIC講座も開講しているオフィス

日本帰国後の就職を考えた際、就職したい会社や業界がどういった人材を求めているかは重要な要素だ。「英語を使って働きたい」と漠然と思っていたり、まだ明確には決まっていないという場合は、せっかくオーストラリアに滞在しているのならグローバル人材を目指して行動すると良いだろう。増加する訪日外国人観光客への対応や日本企業の海外進出などで、そ
うした人材の重要性は高まってきているからだ。

 シドニー市内中心部にあるBBIジャパンセンターオーストラリアでは、日本帰国後に向けた就職に関するコンサルテーションから計画、資格取得、就職斡旋までトータル・サービスを提供。旅行・観光・ホテル、飲食などのホスピタリティー、英語での営業や事務、日本語教師などに挑戦したい人は、相談しに行こう。

■住所:Suite 3.03, 39 Liverpool St., Sydney NSW
■Tel:(02)9267-4002
■Email: info@japancentre-au.com
■Web:www.japancentre-au.com
■営業時間:月~金10AM~6PM、土・日・祝休
■備考:日本支社(東京・大阪)あり

japan2

ラフィネ (株式会社ボディワーク)

「ボディケアコース」施術の様子

「ボディケアコース」施術の様子

現場で働くリラクゼーション・セラピストたち

現場で働くリラクゼーション・セラピストたち

無料研修所での研修風景

無料研修所での研修風景

ワーキング・ホリデーや留学などでオーストラリアを訪れ、現地での仕事探しを経験した人が最初に痛感するのはきっと「手に職」があれば……ということではないだろうか。

 日本国内にグループ会社全体で700店舗以上を展開するリラクゼーション・スペース「ラフィネ」を運営する株式会社ボディワークでは、リラクゼーション・セラピストとして、業界未経験者でも確かな技術を習得できるよう無料研修制度があるため基礎からしっかりと学べ、「手に職」を付けることができる。研修中、授業に行き詰まっても講師や仲間たちがフォローしてくれるので心強い。研修修了後にはショッピング・センターや駅ビル・空港など日本各地にある店舗で自身の働きやすいエリアで仕事ができる。また、シフト制なので、自身のライフスタイルに合わせた勤務が可能。更に完全出来高制のため、自身の努力が収入に反映されやすく頑張りがいがある。

 そして、同社で働くことによってリラクゼーション・セラピスト検定1・2級(日本リラクゼーション業協会認定)を取得することができ、自身のスキル・アップにもつながる。セラピストとして経験を積んだ後は、新規店舗の立ち上げや強化店のサポートを行う契約社員、エリア・マネージャーや総務・経営企画などオフィス業務を行う正社員登用もある。

 同社では現在、特に必要とし募集している人材が、海外での留学経験を持つ人たちだ。留学経験者は、母国語だけで生活できない、言葉がうまく伝えられない環境にいた分、観察力が身に着き、表現や表情が豊かになるため顧客への気配りや目配りが人一倍できるという。更に英語圏の顧客への抵抗がなく、多様な顧客に柔軟に対応できる。そうした心遣いや柔軟な対応ができ、豊かな表現や表情を併せ持ったセラピストこそ、癒しのパワーを発揮できるだろう。

「セラピストの仕事に興味がある」「手に職を付けたい=長く続けられる仕事がしたい」「人と関わるのが好き」「日本全国、いろいろな場所で仕事をしてみたい」などリラクゼーション・セラピストの仕事に興味を持っている人にラフィネでの仕事は最適だ。人を癒し、顧客だけでなく自分自身も笑顔になれるという仕事をきっと魅力的だと感じるだろう。

■住所:東京都港区赤坂1-1-14 野村不動産溜池ビル1F
■Tel: +81(3)5114-6131(採用窓口)
■Email: Inqu@bodywork.co.jp
■Web: www.bodywork.co.jp
■お問い合わせ受付:月〜金10AM〜7PM(日本時間)
■備考:Raffine TOKYO the galeries(Lower Ground Floor, The Galeries, 500 George St., Sydney)

japan3

株式会社美ら地球 (ちゅらぼし)

サイクリング・ツアーを楽しむ外国人観光客

サイクリング・ツアーを楽しむ外国人観光客

古い町並みの中を歩く街歩きツアーもコア・プログラムの1つ

古い町並みの中を歩く街歩きツアーもコア・プログラムの1つ

開業以来、数多くのアワードを授賞してきた

開業以来、数多くのアワードを授賞してきた

 日本のインバウンド・ブームの高まりと共に、東京や京都など、外国人観光客の多い都市圏ではインバウンド系の事業に携わる人の数が増えている。だが、外国人旅行者と深い交流をすることで帰国後も国際感覚を保ちたいのであれば「地方部の小さなエリアにこそ目を向けるべき」と、『外国人が熱狂するクールな田舎の作り方』(新社)の著者であり、「株式会社美ら地球」代表の山田拓氏は話す。観光資源が凝縮しているからこそ、さまざまな国から訪れる人びとの多様なニーズを直接感じ取りやすくなるのだという。

 トリップ・アドバイザーで顧客満足度99%という驚異的な数字を誇るツアー・サービス「SATOYAMAEXPERIENCE」を運営する同社は、数多くの外国人観光客が訪れる飛騨高山エリアをベースに、田園風景を巡るサイクリング・ツアーや古民家を活用した宿泊施設の運営などを手掛ける業界のリーディング・プロバイダーだ。日本の地方部を、「古くから継承された有形無形の価値を持つ魅力の宝庫」ととらえ、「暮らしを旅する」をコンセプトに数多くの外国人観光客を呼び込んでいる。

 そんな中、同社が大事にしているのが「グローバル人材の確保」だ。外国人旅行者と地方部に住む保守的な考えの住民をつなぎ合わせる業務を遂行するには、日本の常識を客観的に見られるなど国際感覚を持っている必要がある。そのためには、観光先進国のオーストラリアで、さまざまなサービスを経験し、また業務に従事しながら、「外国人」として生活した人材が求められるというが、ワーキング・ホリデーで同国に滞在した人はまさにうってつけと言えるだろう。

 世界中で注目を集める飛騨エリアの魅力を日常的に味わえる点も、同社での仕事の魅力の1つ。国立公園でもある「Japan Alps」の山々、典型的な原風景と言える小京都、飛騨高山の古い町並みなどにいつでも触れられるのはうれしい。住民になれば、例祭などさまざまな行事へも参加することができ、文化継承の一翼を担う貴重な経験も味わえる。

「新たな領域へのチャレンジにワクワクし、常に前向きな気持ちで向き合える人を求めています! ぜひ一緒に日本の地方創生を盛り上げていきましょう」(山田氏)

 帰国後、日本の「観光立国」化に貢献したいという人はぜひ同社に問い合わせてみてはいかがだろう。

■住所:〒509-4235 岐阜県飛騨市古川町弐之町8番8号
■Tel: +81-577-73-2104
■Email: info@chura-boshi.com
■Web: www.chura-boshi.comwww.satoyama-experience.com

japan4

Jスタイルズ

国別イベントや国際交流などの催しには多くの参加者が集まる

国別イベントや国際交流などの催しには多くの参加者が集まる

カフェではキャリア相談、求人紹介なども行われる

カフェではキャリア相談、求人紹介なども行われる

Jスタイルズ代表・平渡淳一氏

Jスタイルズ代表・平渡淳一氏

 「日本の飲食・サービス業を通じて日本のすばらしさを世界に広めたい!」という経営理念の基、2015年に東京で設立したJスタイルズ。展開する事業は「飲食店経営」「飲食・サービス業におけるグローバル人財採用支援」「セミナー・イベントの企画・運営」の3つだが、それらの中でも特に力を入れているのが飲食・サービス業に関連したもの。ただ、飲食・サービス業は今後のインバウンド・マーケットを支える日本の成長産業になると考えられている反面、人材不足の課題がある。そこで同社が期待するのが、ワーキング・ホリデーでの海外就労経験を積んだ人たちだ。

 そうした人たちのために、Jスタイルズは現在、次の2つのプロジェクトを展開している。

 1つ目は「日本と世界をつなぐ」飲食店の経営。東京・原宿にあるカフェ「ワーキングホリデー・コネクション」を、ワーホリ制度を使い来日した外国人スタッフとワーホリでの海外就労経験のある日本人スタッフが運営するというプロジェクトだ。同店ではオーストラリアやカナダをテーマにした国別イベント、英語で外国人と交流するイベントなども毎月開催しており、多国籍なスタッフが集う環境での外国人訪日客への接客や各国イベントなどの運営は、自身のグローバル・キャリアの向上につながっていくだろう。

 もう1つが、「飲食・サービス・観光業におけるグローバル人材採用支援」。日本の飲食・サービス・観光関連企業ではワーホリで海外就労経験を積んだ人材を求めているものの、両者の間のコミュニケーション上のギャップによって、企業と人材のマッチングがうまく実現されていないという大きな課題がある。Jスタイルズはプロジェクトを通して、そうしたギャップを埋めることで業界を盛り上げ、今後の日本経済の発展と日本のファンづくりに大きく貢献していくことを目指している。また今後は、日本国内のインバウンド需要が高まる地域の飲食・観光・宿泊関連企業だけでなく海外の企業とも提携し採用の受け皿を増やしていくため、キャリア・ビジョンや出身地など個人のニーズに応じた仕事のマッチングが可能になるということだ。

 オーストラリアでのワーホリの経験を基にステップアップしていきたいという人は一度Jスタイルズの門をたたいてみてはどうだろう。

■住所:東京都渋谷区神宮前4-31-10YMスクウェア原宿2F(シドニー・オフィス2019年開設予定)
■Email:info@j-styles.co.jp
■Web: www.j-styles.co.jp
■備考:オーストラリアでのワーホリ・留学・就労経験者からの連絡・提案など募集中

japan5

ウェスティン・ルスツ・リゾート The Westin Rusutsu Resort

ホテルのロビー

ホテルのロビー

冬のホテルの風景

冬のホテルの風景

冬のシーズンが終冬のホテルの風景 わったタイミングで行う全従業員パーティー

冬のシーズンが終冬のホテルの風景 わったタイミングで行う全従業員パーティー

世界120カ国に7,000以上のホテルを展開している世界最大のホテル・チェーン、マリオット・インターナショナルのブランドであるウェスティン・ルスツ・リゾートは、旅行業界における権威ある賞の受賞歴を持つ格式高いラグジュアリー・ホテルだ。

 同ホテルでは、海外で文化の違いなどを学び、相手に合ったコミュニケーションの選択ができる海外経験豊富なスタッフを、フロントなどのゲスト・サービスや、調理、ホールなどのレストラン・サービスなど、さまざまなポジションで募集している。

 海外生活経験者は、国や地域によって違うゲストの特性を理解した上で、ニーズに応え、良質のサービスを提供する能力に長けている。同ホテルでは、更にそうしたノウハウを働く仲間に共有できるような人材を求めている。

 また、ホテル・スタッフと話をすることを楽しみにしている外国人ゲストも多く、外国語をより効果的に使い続けられるチャンスが多いのもここでの仕事の魅力だ。その他、イギリスなどから集まったスキーのインストラクターも多いため、日本いながらにして国際体験ができる環境であり、オーストラリアから帰国した後も、外国人と触れ合うチャンスで溢れている。

 仕事のサポート体制も充実しており、マリオット・グループの研修カリキュラムや、オーストラリアの職業訓練校ホルムズグレンから講師を招いての英語による接客トレーニングなど、ホテル従業員としてのスキルアッ
プを図ることができる。

 春と秋には、ホテルが休業となるため大型休暇(各20日前後)を取ることができ、自分の時間を楽しむライフ・スタイルを送れる。更にスキー・シーズンにはリフト、ゴンドラのシーズン・パスやスキー、スノーボード、ウェアの貸出も無料。個室の寮も完備されており、世界120カ国7,000以上のマリオット・ホテルを従業員レートで宿泊できるなど特典も多いのもうれしい。

 ウェスティン・ブランドのターゲットは、“Achiever”と呼ばれる成功者。彼らが持つハイ・クオリティーな期待やニーズを知ることは、自らの価値観との相違に気付き新たな可能性を見出すことにつながる。こうした環境の中で更なる自己の成長にチャレンジしてみてはどうだろうか。

■住所:北海道虻田郡留寿都村泉川133
■Tel: +81(136)46-2111
■Email: Takahiro.Furumori2@marriott.com
■Web: www.marriott.co.jp/hotels/travel/ctswi-the-westin-rusutsu-resort
■営業期間:夏期2019 年4月27日~11月4日、冬期2019年12月3日~2020年3月29日(秋季休業11月5日~12月2日、春季休業2020年3月29日~5月1日)