雇用の特色

雇用の特色

●雇用形態

 一般的に、オーストラリアにおける雇用形態は、1日の労働時間によって「フルタイム」(Full-time)か「パートタイム」(Part-time)に分けられ、雇用契約期間によって「正社員」、「コントラクト」(Contract)、「カジュアル」(Casual)などに分けられることが多い。

 正社員は、有給休暇や有給病欠などの休暇制度、「スーパーアニュエーション」(Superannuation)という年金制度などが適用される。会社によっては病気などの治療費を負担してくれるところもある。

 スーパーアニュエーションとは基本的には退職後の生活のための積み立てのこと。雇用主が被雇用者のために、給料の9.5パーセントをスーパー運用基金(Super Fund)に積み立てる。学生ビザ、ビジネス・ビザ、ワーキング・ホリデーなど、永住権を持たない日本人で、オーストラリア滞在中にスーパーアニュエーションに加入していた人は、帰国時などにオーストラリア国税局(ATO: Australian Taxation Office/Web: www.ato.gov.au)に換金請求をすることができる(全額は戻らない)。求人欄に「+Super」と書かれていることを見かけることがある。これは給料の他にスーパーアニュエーションが付くという意味だ。

 一般的に正社員はフルタイムの場合が多いが、労働時間がフルタイムより少なく勤務時間が固定されている場合が多いパートタイムでも、労働時間の長さによっては有休休暇や病欠休暇など、フルタイムの社員と同様の権利が与えられることもある。

 いわゆる契約社員に当たるのが「コントラクト」。期間は6カ月、8カ月、1年など、期限付きの採用が基本。産休・育休に入った正社員の補欠要員として、その社員の復職まで代わりにそのポジションで働くという「マタニティー・コントラクト」を耳にした人もいるだろう。

 「カジュアル」は、主として、労働力が必要な時だけ働くスタイル。「オン・ハイヤー」(On Hire)、「テンプ」(Temp)とも呼ばれる。需要のある時には正社員以上に働くこともあるが、仕事がない場合もあり、また有休などの権利もないので、給与水準は20~25パーセントほど高めに設定されていることが多いようだ。

 カジュアルは、人材派遣会社と雇用契約を結び派遣社員として働くケースを指す場合もある。給与や税金、退職年金などの手続きは人材派遣会社が行う。

 日本の場合、健康保険、通勤交通費といったものも会社が負担あるいは一部負担するのが一般的だが、オーストラリアでは必ずしもそうではない。

●試用期間

 新規採用の場合、ほとんどの企業で3 カ月、まれに6カ月という試用期間(Probationary Period)を設けている。

●最低賃金

 2016年4月現在、オーストラリアの最低賃金は、1時間当たり17ドル29セント、週38時間で656ドル90セントとなっている(Mywage.org/Australia、Web: www.mywage.org/Australia)。これは、経済協力開発機構(OECD)が27カ国を対象に調査した中で首位である。

 また、業種や経験などによって最低賃金は異なる。日本の労働基準監督署に類似する役割を果たしているFair Work OMBUDSMAN(Web: www.fairwork.gov.au)では、どんな仕事にいくら支払われるべきかなどが、オンライン上で計算できるようになっている。自分が希望する職種の賃金の目安として調べてみるといいだろう。ちなみに平均給与は週あたり1,145ドル70セント(2015年)。

●労働時間

 正社員の場合、週38時間。時間外労働は妥当な範囲で認められるが、時間外勤務や週末の勤務の手当ついては、職種別の裁定(Award)に従うように決められている。こうした決まりは頻繁に変更されるので常に最新情報を入手しておく必要がある。