オーストラリアへ出発する前に!日本でやっておきたい手続き

オーストラリアへ出発する前に!日本でやっておきたい手続き

●海外転出届

1年以上海外に滞在する場合は、任意ではありますが、市区町村役所に「海外転出届」を提出します。提出することで、渡航中の住民税や国民年金、国民健康保険などの支払い義務が発生しなくなります。

ちなみに帰国後は2週間以内に転入届を出します。パスポート持参のうえ、最寄りの市区町村役所で手続きをします。転入届の際に戸籍謄本などが必要となる場合もあるので、必要書類など、詳細や疑問点は事前に役所に確認しましょう。

また学生の場合は、休学届けの提出などの手続きが生じるため、大学の学生課などに相談するとよいでしょう。

●国民年金

国外転出届の提出時に自動的に納付義務がなくなりますが、将来受け取ることができる年金の額に影響が出ます。任意継続を申し込めば、海外にいながら年金を納め続けることができます。

●固定資産税

土地や家屋などの固定資産は、非居住者であっても、課税対象となるので、納税代理人を定めて代行を依頼します。

●住民税と所得税

住民税は前年にある一定の所得があった人が1月1日現在の居住地で課税されます。所得税は、その年の1月1日から出発日までの所得が給与所得だけなら、出発前に準確定申告をし、納税します。