オーストラリアで銀行口座を開こう

オーストラリアで銀行口座を開こう

オーストラリアに来てまず最初にやっておきたいのは、銀行口座の開設です。

口座の種類には、セービング・アカウントと呼ばれる普通預金口座、ターム・デポジットと呼ばれる定期預金口座、チェック・アカウントと呼ばれる当座預金口座などがあります。

オーストラリアは日本よりもカード社会化が進んでいるため、多くの人が現金をあまり持たずに生活しています。ほとんどのレストランや小売店では、エフトポス(EFTPOS)と呼ばれる日本のデビット・カード決済に相当するシステムを導入しているため、支払いはクレジット・カードだけではなく、バンク・カードで自分の銀行の普通預金口座から直接支払うことができます。

また、公共料金なども、インターネットを利用して自分の口座から振り込むビーペイ(BPAY)というシステムを使って簡単に支払うことが可能です。

オーストラリアの銀行では通帳に入出金のやりとりを記載していくというシステムがありません。代わりにバンク・ステイトメントと呼ばれる明細書をオンラインや郵送で受け取ることができ、これによって通帳と同様に取引内容を確認するようになっています。

ATMでの画面表示の例

ATMでの画面表示の例