バスに乗る

バスに乗る

初めての人のためのシドニー・バス講座

青と白の車体が目印のシドニー・バス。日本や他の国の大都市と比べ交通渋滞が比較的少ないシドニーでは、シティレールと同様、市民の便利な足となっています。

「こんな裏道まで!?」 と驚くような所を含め、シドニーとその近郊エリアが多数の路線でカバーされているので、電車やライト・レールの通っていない所にもアクセスしやすくなっています。オパールカードがあれば前もって運賃が分からなくても大丈夫なので安心ですよ。

シドニー・バスの乗り方

前のドアから乗り、運転士に行き先を告げてチケットを購入するか、入金済みのICカード(オパールカード)を用意します。最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば簡単で便利です。

バスの路線には通常それぞれ数字3ケタのルート名がつけられています。日本のように親切な車内アナウンスはないので、初めての場所へ行く時は、乗り換えアプリなどであらかじめ調べておくか、乗車時に運転士に降車場所を確認しておきましょう。

step4

Step 1 前もってチケットを購入する

step1

オパールカードを前もって用意しておくと便利です。ニュース・エージェンシーやインフォメーション・オフィス、またシティレールの窓口でも入手できます。シングル・チケットは直接運転士から買うこともできますが、チケットを事前購入していないと乗車できない「プリペイド・オンリー・バス」が増えているので注意が必要です。

Step 2 バス停を見つける

目的の路線が通っているストリート名を確認し、バス・マークがある停留所を探しましょう。黄色地にバスの乗降をしているシルエットのマークが見つかるはずです。

Step 3 バスを止める

step3

日本と同じ感覚で待っていると、バスは通り過ぎて行ってしまいます。必ず運転士に手を挙げて合図をしてください。ただし、満車の場合(立って乗ることの出来る乗客数は15人まで)は合図をしても通り過ぎることがあるので、次のバスを待つ必要があります。

Step 4 乗り込む

オパールカード、もしくは運転士から購入したオパールシングルチケットをセンサーにかざし、タップオン(Tap on)します。

Step 5 車内のルールを守る

バス車内では、喫煙、飲酒はもちろんのこと、飲食も禁止されている点が日本との違いです。食べかけのもの等を持ち込むと注意されますので、しっかり鞄等にしまっておきましょう。また、前方のシートはお年寄り、体の不自由な人、子ども連れの人のための優先座席なので、後方のシートに座るようにしましょう。

Step 6 降車する

step6

目的のバス停に着く前に降車ボタンを押し、車内前方の「NEXT STOPPING」のサイン点灯を確認します。降車は前後どちらのドアでも可能ですが、まれに後ろのドアが開かないことがあるので、その際は「Back door, please!」と大きな声で運転士に知らせると開けてもらえます。オパールカードをセンサーにタッチして降車します。

■ターミナル Terminals

シティからバスを利用する場合は、サーキュラー・キー、ウィンヤード、クイーン・ビクトリア・ビルディング(QVB)、レールウェイ・スクエアのいずれかのターミナルを利用するのが便利です。

■インフォメーション・オフィス Information Office

info-office

サーキュラーキー、ウィンヤード、QVBなどにあるシドニー・バス・チケット・アンド・インフォメーション・オフィスでは、チケット、路線図、時刻表などを手に入れることができます。また、路線図と時刻表は、オンラインでもダウンロードが可能です。NSW州交通局のウェブサイト(www.transportnsw.info)のトップページから「 Timetables & maps」を選択します。同サイトでは出発地と目的地を入力してルートを検索することも出来るので有効活用してください。

■路線番号と主な行き先

step7

100番台 マンリーとノーザン・ビーチ(モナ・ベールなど)
200番台 ロウワー・ノース・ショア(チャッツウッドなど)
300番台 イースタン・サバーブ(ボンダイなど)
400番台 インナー・サザン・サバーブ(ロックデールなど)インナー・ウエスタン・サバーブ(ストラスフィールドなど)
500番台 ノース・ウエスタン・サバーブ(ライドなど)アッパー・ノース・ショア(ホーンズビーなど)パラマタ アウター・ノース・ウエスタン・サバーブ(ウィンザーなど)

主要バス路線図

busmap

料金 Fare

opalcard

オパールカードはICカードの自動精算なので、乗車した距離によって、下記料金表のように自動的に課金されます。

ただし、乗車時のセンサータッチ(タップ・オン)、降車時のセンサータッチ(タップ・オフ)を忘れると、最大料金が課金されるので注意が必要です。

■シドニーのバス料金表

0 – 3 km 3 – 8 km 8+ km
オパールカード $2.10 $3.50 $4.50
オパール・シングルバスチケット $2.60 $4.20 $5.40
オパールカード(子ども用) $1.05 $1.75 $2.25
オパール・シングルバスチケット(子ども用) $1.30 $2.10 $2.70
コンセッション・シニアオパールカード $1.05 $1.75 $2.25

※コンセッション・シニアオパールカードは、自分がカードの適用を受けることを証明できる書類を携帯する必要があります。
※コンセッション・シニアオパールカードは、1回のみのシングルチケットがありません。オパールカードを事前に用意していない場合、通常の大人用シングルチケットの購入が必要になりますのでご注意ください。

■シドニーのバス事情

2015年10月3日から、シドニー中心部のバス路線は大幅にルートを変更しました。これはシティを南北に伸びるジョージ・ストリートに、ライト・レール(路面電車)新路線を設置する工事のためで、代わりにエリザベス・ストリートやヨーク・ストリートなど他の通りにバス停が移動されました。

シティの主要道路であるジョージ・ストリートやその周辺道路は、以前から通勤時間帯の交通渋滞がひどく、シドニーの住人たちは長く悩まされてきました。バスの通行量の多さが大きな要因の1つで、それを踏まえ、政府がライト・レールのさらなる充実により渋滞緩和を目指すことを発表し、レール工事着手のためバス路線が変更となったのです。

状況により工事中、あるいは工事完了後から再びジョージ・ストリートを走るバスもあると言われていますが、詳細は発表されていません。ライト・レール新路線の完成は2019年と見込まれています。

ライト・レールについては以下の公式ウェブサイトを参照してください。

■Web:www.sydneylightrail.transport.nsw.gov.au

メトロバス Metrobus

■真っ赤なボディーの「メトロバス(Metrobus)」

busbody

シドニー郊外を市内経由でつなぐ、快適で便利なメトロバス。次の停留所がディスプレイ表示されるほか、車内アナウンスもあり初心者でも安心して乗車できます。バスと電車の主要駅に止まるので、乗り継ぎも便利です。プリペイド専用バスなので、ニュース・エージェンシー、コンビニエンス・ストア、オパールカードの公式ウェブサイトなどで、オパールカードを入手しチャージしておくことで乗車できます。

メトロバス路線

M10 ライカールト〜マルーブラ・ジャンクション
Leichhardt, Camperdown, City, Darlinghurst, Kensington, Kingsford and Maroubra Junction.

M20 ゴア・ヒル〜マスコット
Gore Hill, Crows Nest, Nth Sydney, City, Waterloo, Rosebery, Mascot and Botany.

M30 モスマン〜シドナム
Mosman, Neutral Bay, City, Chippendale, Newtown, Enmore and Sydenham.

M40 チャッツウッド〜ボンダイ・ジャンクション
Chatswood, Willoughby, Naremburn, City, Darlinghurst, Paddington and Bondi Junction.

M40 マッコーリーパーク〜ハーストビル
Macquarie Park, Nth Ryde, Burwood, Campsie, Bexley North and Hurstville.

M50 ドラモイン〜クージー
Drummoyne, Rozelle, City, Darlinghurst, Moore Park, Randwick and Coogee.

M52 パラマタ〜シティ
Parramatta, Ryde, Drummoyne, Rozelle and Circular Quay.

M54 パラマタ〜マッコリー・パーク
Parramatta, Carlingford, Epping and Macquarie Park.