シドニー新生活<買う>

シドニー新生活<買う>

 ショッピング・センターにせよスーパーマーケットにせよ、とにかく大規模で品ぞろえ豊富。一方、小さなお店では世界の珍しい品が手に入る。ショッピングは外せないエンターテインメントだ。

ショッピングに出かけよう

 街中や郊外には、さまざまな大型ショッピング・センターがある。買い物から食事、映画などさまざまなコンテンツがそろうので、レジャーとしても楽しめる。また、複数の店舗が商店街を構成するモールも多い。例えば、ファッション・トレンドの中心的発信地の1つが、マーケット・ストリートとキング・ストリートの間にあるPitt Street Mall(Web: www.pittstreetmall.com.au)。ここには600店舗を超える専門店がそろう。
 シドニーでは木曜日が「レイト・ショッピング・デー」という夜9時ごろまで買い物が楽しめる日。その代わり、平日はデパートやお店が閉まる時間が早い。平日は5時半から6時半の間、日曜日は5時から6時ごろには閉まるので要注意。
 バーゲンなどのセールもある。季節の終わりの在庫一掃セールである「End of Season Sale」(4月、9月)や「End of Financial Year Sale」(6月)、「ChristmasSale」(12月)などが行われる。
●オーストラリアのデパート
 Myer(Web: www.myer.com.au)とDavid Jones(Web: www.davidjones.com.au)がオーストラリアのデパートとして有名。David Jonesは、オーストラリアの高級デパートだ。Myerは、David Jonesと比べるとややカジュアルな位置付けとなっている。
●衣料品を買う
 手頃な価格で買えるということで人気があるのが、ファスト・ファッションと呼ばれるH&MやZARA、Topshopなど。低価格女性向けブランドで人気なのがCotton On(Web: cottonon.com/AU)やSports girl(Web:www.sportsgirl.com.au)。
 また、2014 年シドニーに初上陸をしたユニクロも人気。サーファー系カジュアル・ブランドのBillabongやROXYも若者を中心に支持されている。
 高級なバッグで有名なのが、Oroton(Web: www.oroton.com.au)。アクセサリー、男性小物など幅広く扱う。
●ストリート・マーケットで買い物
 週末、シドニー各所で行われているストリート・マーケットでお気に入りの服などを見つけるのも良いだろう。主なストリート・マーケットには、サリー・ヒルズ・マーケット(Web: shnc.org/events/surry-hills-markets)やパディントン・マーケット( Web: www.paddingtonmarkets.com.au)などがある。
●衣料品などを購入する時の注意点
 購入する場合は、サイズ表示をそのままうのみにせずに試着すること。更に傷や縫製のミスがないか、ボタンがちゃんとかかるかなど、きちんとチェックしてから買う方が良いだろう。
●日用品を買う
 台所用品など、日常の雑貨は、Kmart(web: www.kmart.com.au)やTarget(Web: www.target.com.au)、IKEAなどの量販店、Woolworths(ウールワース)や Coles(コールス)などのスーパーマーケットなどで購入できる。Kmart(ケーマート)やTarget(ターゲット)は日用品だけでなく、服や靴、化粧品なども販売。日本のダイソーや無印良品などもシドニーに店を構えている。

■衣類サイズ換算表
レディス

ladies_c

メンズ

mens_c

■靴サイズ換算表
レディス

ladies_s

メンズ

mens_s

文房具を買う

News Agencyの看板例

News Agencyの看板例

 いわゆる日本にあるような「文房具屋」は見かけない。このため文房具を買う時は、「News Agency」という、新聞や雑誌、宝くじ(ロト)、タバコなどを売るコンビニエンス・ストア、郵便局(コンビニエンス・ストアのようで楽しい)、もしくはスーパーマーケットの文房具コーナーで買う。しかしこれらの店で販売されている文房具は最低限の物のみのため、もしもっと種類が欲しいといった場合は、オーストラリア最大の文房具チェーンである「Officeworks」(Web: www.officeworks.com.au)で購入すると良いだろう。また、後述する「紀伊国屋書店」や「Dymocks」などの書店でも文房具は売られている。
 おしゃれな文房具が欲しい場合は、オーストラリアとニュージーランドでショップ展開をしている「Kikki.K」(Web: www.kikki-k.com)や紙を中心とした「PapierD’Amour」(Web: www.papierdamour.com.au)などがある。

薬を買う

Pharmacyの看板例

Pharmacyの看板例

 薬には医者の処方箋がないと購入できない処方薬と処方箋がなくても自由に買える市販薬の2種類がある。市販薬は、「Chemist」(ケミスト)もしくは、「Pharmacy」(ファーマーシー)と表示されている薬局で買う。薬の種類は多く、どれが何の薬か分かりにくいので、薬局にいる薬剤師や店員に自分の症状を伝えてみよう。薬局では市販薬の他にもビタミン剤や化粧品、ガムやチョコレートなどの菓子類、ストッキングなども販売されている。また薬局だけでなく、スーパーマーケットでも、オーストラリアの国民的な常備薬である「パナドール」や「ニューロフェン」などの鎮痛剤を始めとした多くの種類の薬が買える。

本を買う

 シドニーで本を買う場合、大型書店としては「紀伊国屋書店」や「Dymocks」が挙げられる。紀伊国屋書店では、日本の書籍も売られている。ただし値段は日本での定価の1.5倍~2倍近くする。このためまとめて複数の本を買う場合は、日本のアマゾンを利用する方が安い場合もある。アマゾンで購入する場合の手数料は、エコノミー便で1件あたり配送料と手数料を合わせ1,200円。また「OCS」(Web: www.ocs.co.jp)もアマゾンと同様日本の雑誌・書籍を輸入してくれるサービスがある。
 日本の中古書籍を購入したい時は、シドニーで最大規模の古書籍の販売と買取を行う「ほんだらけ Full of Books」(Web: fullofbooks.com.au)で探してみるのが良いだろう。同店では、小説や漫画の他に、雑誌、中学校や高校の学習参考書など幅広いジャンルの古書籍がリーズナブルな価格で販売されている。

新聞・雑誌を買う

 新聞や雑誌は、普通書店などではあまり販売されていない。上述の「News Agency」を始めとするコンビニエンス・ストア、スーパーマーケットなどで販売されている。