シドニー新生活ガイド – 医療

シドニー新生活ガイド – 医療
日本とは異なるオーストラリアの医療制度。病院への掛かり方や保険の仕組みなどは日本とは異なるため、戸惑うことも多いだろう。ここでは、日本とオーストラリアの主な医療システムの違いについて紹介していく。

不調を感じたら、まずはGPへ行こう

 日本では、風邪をひいたら内科、耳の調子が悪い時は耳鼻科、けがをしたら外科などのように、それぞれの症状に合った病院・医院を自分で選択して受診する。しかし、オーストラリアでは体調に異変を感じた場合、まず「GP(General Practitioner)」と呼ばれる一般開業医を訪れる。予約なしで診てくれる所もあれば、予約が必要な所もある。診察もしくは治療後、必要であれば処方箋を受け取り、それを薬局(ChemistあるいはPharmacy)に持って行き、薬を購入する。

 GP では対応できない症状や特別な検査が必要な場合は、専門医(Specialist)への紹介状(Refer ralLetter)をGPに書いてもらい、予約を取って専門医を訪れることになる。各専門医や検査機関での結果は、全てGPと共有されるので、GPは引き続き患者の状態を把握できる。そのため、「掛かり付け医」のような感覚で自分が頼れるGPを決めておくと良いだろう。

 また、複数のGPによって運営されている診療機関や、メディカル・センター(Medical Centre)での診療内容は、個人営業のGPと基本的に変わらないが、検査設備などが充実している場合もある。深夜まで診察を行っている所や、24時間体制の所もあるので、突然のけがや体調不良に備えて、最寄りのメディカル・センターを確認しておくと安心だ。GPもメディカル・センターも閉まっている時は、24時間対応の病院の救急(Emergency Department)へ。

医療体制の概要

■GP(General Practitioner/一般開業医)

 GPは、歯科以外のほぼ全ての分野の病気やけがに関して診察を行うのが通常とされる。専門医に行かなくても、GPを訪れるだけで解決することは多い。GPを訪れるに当たっては特に制約などはないので、どのGPを選んでも構わない。

■専門医(Specialist)

 GPの診察だけでは治療が無理だと判断された場合、内科、外科、小児科、整形外科、耳鼻科などの専門医を紹介されることになる。

■病院

 病院は、公立病院(Public Hospital)と私立病院(Private Hospital)に分けられる。

■薬局(Chemist/Pharmacy)

 オーストラリアの薬局は、「Chemist」(ケミスト)と呼ばれる場合が多いが、「Pharmacy」(ファーマシー)と表示されている所もある。

 医師から受け取る処方箋には、処方薬を指示した物と一般市販薬を指示した物がある。処方薬を出してもらう場合には、薬局内にある「Prescription」と掲げられたコーナーに行く必要がある。

iryo1

医療保険制度と保険加入

 オーストラリアの医療保険には、オーストラリア市民や永住者を対象とした公的医療制度である「メディケア(Medicare)」と、市民や永者以外の人たちに対し医療費やメディケアで補償されない範囲の治療や入院・手術費を補うための「民間医療保険」に分けられる。民間医療保険には、海外からの留学生に加入が義務付けられている「留学生用健康保険」(Overseas Student Health Cover/OSHC)も含まれる。

 その他、日本人が関わる可能性がある保険として、一時滞在者が加入する「海外旅行傷害保険」などもある。メディケア以外の補償内容は保険会社やプランによって大きく異なってくるので、各人の必要に合った保険を選ぶことが大切だ。

■在住者別保険加入例
iryo2

知っておきたい医療事情

■歯科

 歯の治療のために保険に加入する場合、注意しなければならないのは「Waiting Period」(ウェイティング・ピリオド=非適用期間)の存だ。保険が有効になるのは保険加入日から数カ月後となっているため、その前に歯科に行ったとしても治療費は保険で補償されない。

■眼科

 眼科医(Ophthalmologist)を訪れる場合は、GPの紹介状が必要となる。しかし、検眼医(Optometrist)はコンタクト・レンズや眼鏡の販売店に常駐していることが多く、直接予約して行くことができる。

■妊娠・出産

 妊娠したと思ったら、まずGPで妊娠検査を受けよう。出産に当たって、公立病院や産科専門医を選ぶ際には、GPが紹介状を書いてくれる。

■心のケア

 心や精神に不調を感じた時は、すぐに専門家に相談するのが早期解決への1歩となる。また、緊急で感情的なサポートが必要な場合には、毎日24時間対応の訓練されたボランティア・カウンセラーによる電話カウンセリング・サービスである「ライフライン」(Lifeline Australia)を利用できる。

■Lifeline Australia
Tel: 13-11-14
Web: www.lifeline.org.au

■救急車事情

 日本では救急車の利用は無料だが、オーストラリアでは基本的に有料。例えばNSW州の場合、緊急で救急車を利用する居住者は基本料金が382ドル、走行距離1キロにつき3ドル44セントが加算され、最高で6,258ドル掛かる。

 非居住者が緊急で救急車を利用する場合は、基本料金が748ドル、走行距離1キロにつき6ドル75セントだ。

 救急車の利用はメディケアでは適用外だが、留学生用健康保険では通常補償される。

日本語診療・通訳サービス

 シドニーなどの主要都市では、日本語で診療を受けられるGPが比較的多い。

 また、英語を話せない市民・永住者のために政府が無料で提供している翻訳・通訳サービス「TIS(Translating& Interpreting Service)」を利用することができる。電話による翻訳・通訳サービスは、年中無休で24時間対応。通話は医師、患者、通訳者の三者間で行い、問診し、必要があれば、応急処置方法も聞くことができる。

■翻訳・通訳サービス(TIS)
Tel: 131-450

市民・永住者が利用できるメディケア・カード

市民・永住者が利用できるメディケア・カード

体験Column 初めての通訳診療

 海外生活にも慣れてきたころ、気が緩んでしまったのか、風邪をひいてしまい高熱が何日も続いたことがありました。市販薬が効いている間だけは熱が下がるのですが、薬の効果が切れると途端に熱が39度台まで上がることの繰り返し。

 このままではまずいと、近隣のGPで診察を受けることにしましたが、初めて海外で医療機関に掛かるので、英語に不安がありました。そこで、日本語が通じるGPを選び電話を掛けると、保険の種類と通訳の必要性を尋ねられ、その場で初診料を教えてくれました。

 診察室では、日本人女性の通訳者が医師と私の話を相互に通訳してくれるので、日本語で診察を受けるのとほとんど同じでした。英語での医療用語はなかなか聞き慣れていないこともあり、日本語を使うことができるGPで良かったです。

 幸いただの風邪でしたが、薬の処方箋を受け取る時に最寄りの薬局の場所も教えてくれるなど丁寧な対応で、掛かり付けのGPを持つ良い機会となりました。


歯科 DENTIST

輝くすてきな笑顔は「きれいな歯並び」から!進化し続ける現代の歯科医療

キム医師が開催した認定コースでの1枚

キム医師が開催した認定コースでの1枚

 日本のバックグラウンドを持つノックス・キム医師は、20年以上にわたりたくさんの日本人患者にハイクオリティーな歯科医療を提供している。日本最大の歯科協会の「Tokushinkai Group」と「Swankai Dental Network」の一員である同院は、40以上もの日本国内の歯科医院と提携している。

 キム医師は日本やその他、各国で行われる研究会に毎年積極的に参加し、常に最新の技術と情報を得るため日々努力をしている。
また、講師としてシドニー大学や東京にある昭和大学でも教鞭を振るっている。

シドニーCBDのみならず東京にも分院オープン準備中

シドニーCBDのみならず東京にも分院オープン準備中

 特に現在日本でも話題のインビザラインを得意としている同医師は、ニュー・サウス・ウェールズ州の歯科医に向けたインビザラインの認定コースもまかされている。インビザラインは、特に施術前のプランが大切で、その最初のプランが治療全体の90パーセントもの鍵を握ると言われている。インビザライン・ケースを数多く扱い、第一線で活躍しているキム先生のコンサルテーションをぜひ受けてみて欲しい。

 同院は、全診察室に3Dスキャナーを設備している非常にまれなクリニックで、より長持ちする詰め物(7年保障)も提供。更に、オーストラリア内では1パーセントの歯科医しか所有していないと言われているマイクロスコープを使用しており、より厳密な診察と治療を可能にしている。

 もし英語に不安がある場合でも、同医師には日本語で相談できる他、同院は日本人スタッフが在住しているため、安心して受診できる。

 多くの日本人患者を抱えるキム医師は、日本に帰国後の患者への継続治療を可能にするため、東京・銀座にも診察室を設けるために準備している。キム医師が開催した認定コースでの1枚

シティ・ワールド・タワー歯科
■住所:Suite 1104(11階), World Tower Commercial, 87-89 Liverpool St., Sydney
■Tel: (02)9269-0517
■Web: www.haisha.com.au
■営業時間:月~金9AM~6PM

world tower shika