シドニー新生活 < 医療 >

日本とは異なるオーストラリアの医療制度。病院への掛かり方も日本とは異なるため、戸惑うことも多いはず。ここでは、日本とオーストラリアの主な医療システムの違いを紹介する。

不調の際はまずGPへ

日本では、風邪を引いたら内科、耳の調子が悪いなら耳鼻科、けがをしたら外科といった具合に、症状に合った病院・医院を自分で選んで受診する。しかしオーストラリアでは、体調に異変を感じた場合は、まずGP(General Practitioner)と呼ばれる一般開業医を訪れる。予約なしで診てくれる所もあれば、予約が必要な所もある。診察もしくは治療後、必要であれば処方箋を書いてもらい、それを薬局(ChemistあるいはPharmacy)に持って行き薬を買う。GPでは対応できない症状の場合や特別な検査が必要な場合は、専門医(Specialist)への紹介状(Referral letter)をGPに書いてもらい、予約を取って専門医を訪れることになる。各専門医や検査機関での結果は、全てGPとも共有されるので、GPは引き続き患者の状態を把握できる。このため、「かかりつけ医」のような感覚で自分が頼れるGPを決めておくと良いだろう。
なお、複数のGPで運営している診療機関、メディカル・センター(Medical Centre)は、診療内容は個人営業のG Pと基本的には変わらないが、検査設備などが充実している場合もある。深夜まで診察を行っている所や、24時間体制の所もあるので、突然のケガや体調不良に備えて、最寄りのメディカル・センターを確認しておくと安心だ。GPもメディカル・センターも閉まっている時は、24時間対応の病院の救急(EmergencyDepartment)へ。

医療体制の概要

■GP(General Practitioner、一般開業医)
GPは、歯科以外のほぼ全ての分野の病気やけがに関して診察を行うのが普通だ。専門医に行かなくても、GPを訪れるだけで解決することも多い。GPを訪れるに当たっては特に制限はないので、どこのGPを選んでも構わない。

iryou

■専門医(Specialist)
GPの診察だけでは無理だと判断された場合、内科、外科、小児科、整形外科、耳鼻科などの専門医に紹介されることになる。

■病院
病院は、公立病院(Public Hospital)と私立病院(Private Hospital)に分けられ、またそれぞれが総合病院と専門病院に分けられる。

■薬局(Chemist)
オーストラリアの薬局は「Chemist」と呼ばれる場合が多い。まれに「Pharmacy」と表示されていることもある。医師からもらう処方箋には、処方薬を指示したものと、一般市販薬を指示したものがあり、処方薬を出してもらう場合には、「Prescription」と掲げられたコーナーに行く。

医療保険制度と保険加入

オーストラリアの医療保険は、市民権保持者や永住権保持者を対象とした、公的医療制度であるメディケア(Medicare)と、市民権保持者、永住権保持者以外の人の医療費や、メディケアがカバーしない範囲の治療や入院・手術費を補うための保険である民間医療保険に分かれ、民間医療保険には、海外からの留学生に加入が義務付けられている留学生用健康保険Overseas Student Health Cover(OSHC)も含まれる。
その他日本人が関わる可能性があるものとしては、一時的に滞在する人が加入する海外旅行傷害保険などもある。メディケア以外の補償内容は、保険会社やプランによって大きく異なるので、必要に合ったものを選ぶことが大切だ。

知っておきたい医療事情

■歯科
歯の治療のために保険に加入する場合、注意しなければならないのはウェイティング・ピリオド(非適用期間)の存在。保険が有効になるのは保険加入日から数カ月後となっており、その前に歯科医に行っても治療費はカバーされない。

■眼科
眼科医(Ophthalmologist)を訪ねる場合はGPの紹介状が必要。しかし検眼医(Optometrist)はコンタクト・レンズや眼鏡の販売店に常駐していることが多く、直接予約をして訪れることができる。

■妊娠・出産
妊娠した可能性がある時は、まずGPで妊娠検査を受けよう。出産に当たり公立病院・産科専門医を選ぶ時には、GPが紹介状を書いてくれる。

■心のケア
心の不調を感じたら、すぐ専門家に相談するのが早期解決への1歩となる。また、緊急で感情的なサポートが必要な場合には、毎日24時間の対応の、訓練されたボランティア・カウンセラーによる電話カウンセリング・サービス「ライフライン(Tel: 13-11-14、Web: www.lifeline.org.au)」を利用できる。

■救急車事情
日本では救急車の利用は無料だ。しかしオーストラリアでは基本的に有料。例えばNSW州の場合、救急車を緊急で利用する居住者の場合は、基本料金が357ドル、走行距離1キロにつき3ドル22セントが加算され、最高で5,971ドル掛かる。非居住者の場合は、基本料金が700ドル、走行距離1キロにつき6ドル31セントだ。ちなみにメディケアでは救急車は適用外だが、留学生用健康保険では通常カバーされている。

日本語診療・通訳サービス

シドニーなどの主要都市では、日本語で診療が受けられるGPが少なくない。また、英語を話せない市民・永住者のために政府が無料で提供している翻訳・通訳サービス「TIS(Translating & Interpreting Service)、Tel: 131-450」も利用可能だ。電話による通訳サービスは年中無休で24時間対応。通話は医師と患者、通訳者の3者間で行い、問診し、必要があれば応急処置方法を聞くことができる。