オーストラリアの医療体制ってどうなってるの?

オーストラリアの医療体制ってどうなってるの?

オーストラリアで医療を受けるには

オーストラリアでは日本の医療制度とは違い、自分で専門の医療を選ぶことはぜず、まず始めに総合診療医であるGPの診断をあおぎます。

以下に、オーストラリアでの一般的な医療従事機関を解説します。

GP(General Practitioner、一般開業医)

GPは、歯科以外のほぼ全ての分野の病気やケガに関して診察を行うのが普通です。専門医に行かなくても、GPを訪れるだけで解決することも多いです。GPを訪れるに当たっては、場所に制限はなく、どこのGPを選んでもかまいません。

専門医(Specialist)

GPの診察以外に専門的な診察が必要だと判断された場合、内科、外科、小児科、整形外科、耳鼻科などの専門家への紹介状を貰います。よほどの緊急性がない限り、時間がかかる場合が多いので、早めに予約をしましょう。

病院(Hospital)

病院は大きく二つに分けられ、公立病院(Public Hospital)と私立病院(Private Hospital)があります。またそれぞれに総合病院と専門病院があります。

薬局(Chemist)

オーストラリアの薬局はChemistと呼ばれ、まれにPharmacyと呼ばれることもあります。医師からの処方箋には、処方薬だけでなく、一般市販薬についての指示がある場合もあります。処方薬を出してもらう場合には、店内のPrescriptionというコーナーに行きます。

医療保険制度と保険加入

オーストラリアの医療保険は大きく分けて、公的医療制度メディケア(Medicare)と民間医療保険に分かれています。

メディケアは、市民権や永住権のある人を対象としたもので、収入の2%程度を納入することで運営されています。歯科を除く多岐にわたる治療費をカバーすることができます。

それ以外の人のための医療費や、メディケアがカバーしない範囲の疾病を補うため、民間医療保険が利用され、海外留学生の加入が義務付けられている留学生用健康保険Overseas Student Health Cover(OSHC)も、民間医療保険の一つです。

その他、オーストラリア旅行者が加入する海外旅行傷害保険などもあります。

メディケア以外の保険に関しては、保険会社や保険のプランによって保障内容が大きく異なるので、自分に合ったプランを選択しましょう。