日本食材を買う

日本食材を買う

日本食材が手に入る場所は、品ぞろえが豊富な順に、

①日系の食料品店(日本食材・雑貨専門店)
②アジア系スーパーマーケット
③健康食品店、
④スーパーマーケット

など。

 日系食料品店では、調味料からインスタント食品、そば、お菓子に至るまで、日本の基本的な食料品を手に入れることができる。日本人スタッフがいるお店がほとんどなので、日本語で買い物ができるのもうれしい。例えば、シドニー中心部のタウンホール駅から徒歩3分の所にある「コンビニ8」(Web: nichigopress.jp/konbini8)は、「こんな物まであるの?」という品ぞろえ。ノース・ブリッジにある「東京マート」(Tel: (02) 9958-6860)には、2,000種類以上の商品が並ぶ。「夢屋」(Web: www.umeya.com.au)は、日本食材の販売だけでなく、レンタルDVDサービスも行っている。

 日本の100円ショップの「DAISO」(ダイソー)でもお菓子や調味料など多くの日本食材が探せる(ただし、価格は100円ではない)。

37

スーパーマーケットには日本のカレーも売られている

 アジア系スーパーマーケットは、ワールド・スクエアなどにある「Miracle Super Market」(Web: www.miraclesupermarkets.com)をはじめ、イーストウッドやチャッツウッド、シドニー中心部のチャイナタウンなどに多くある。しょうゆやインスタントラーメンなどの加工品は、アジア諸国にある日本の食料品工場からの輸入品が多いため味が日本のものと若干違うが、価格は純日本製よりも安く設定されている。

 また、健康食品店には、健康ブームということから、日本食材をそろえる所もある。

 コールスやウールワースなどの大手のスーパーマーケットでは、店舗によって品ぞろえの豊富さに違いがあるものの、アジアン・フード・コーナーなどが設けられているところも少なくない。