シドニーでお魚を買って食べよう!

シドニーでお魚を買って食べよう!

シドニーで人気のシーフード

海外に住んでいると日本の食べ物が恋しくなりますよね。特に魚介類は、名前がわからない、買うのが面倒とついつい手が遠のいてしまいがちです。

オーストラリアではシーフードを積極的に食べる文化は元々ありませんでしたが、食文化の異なる海外からの移民の増加と、恵まれた漁場が近くにある幸運が重なり、近年シーフードの存在感はかなりの高まりを見せています。

シーフードが一般的に広まり、家庭料理等で使うような食材について、シドニーで手に入らないものはほとんどないと言っていいほどです。新しい伝統としてクリスマスにシーフードを食べる家庭も増えているので、パーティーなどの食材としても目にする機会があるでしょう。

sashimi_uni

左:ブルー・フィン・ツナの大トロやホッキ貝なども刺身用として並んでいます 右:パック詰めのウニも店頭に並ぶように 

オージーはどんな風にシーフードを食べるの?

地元のオージーに人気のフィッシュ&チップスは、気軽にシーフードを食べれる定番料理です。魚を選んで揚げるスタイルのお店もあり、新鮮な魚を揚げたものは、格段に美味しいです。

軽く茹でたシーフードやグリル、刺身も近年人気が出てきており、「SASHIMI」という名前を見かけることもあります。また、シドニーにはたくさんの持ち帰り用寿司屋があります。

シーフード・レストランでよく見かけるシーフード・プラッターは、いろいろな魚介類を盛り合わせた豪華な1品。ぜひ一度試してみたいですね。
seafood_platter

シーフード・レストランのシーフード・プラッター オーロラソースと食べるのが定番

シーフードに合わせるソースのレシピ
パーティーにピッタリのシーフード料理で定番のソースを作って、ゲストを驚かせてみませんか?
日豪プレスのレシピはこちらから

このように、BBQ文化など肉食のイメージの強いオーストラリアですが、実は「海の幸」にもかなり恵まれた国です。シドニーでおいしいシーフードを買う方法を、この記事でぜひマスターしてくださいね。

スーパーマーケットで買えるシーフード

大型スーパーマーケットでは、近年どこでもシーフードのセクションにかなり力を入れています。

新鮮なサーモン、バラマンディー、スナッパー(鯛)、またボイルしたエビなどが定番で並びますが、その他タコやイカ、ホタテ、生ガキなどを置いていることが多いようです。時期によっては、ロブスターが並ぶこともありますよ。

エビ、タコ、イカ、ムール貝、魚の切り落としなどをミックスしたシーフード・マリナーラ・ミックスは値段もお得で、パスタや炒め物の材料として重宝します。
Marinara_Mix_grande

写真:MARINARA MIX at Harris Farm Markets, https://www.harrisfarm.com.au/products/marinara-mix-cut-freshより

お肉のようにパック詰めで売っているものは限られているので、勇気を出してシーフードのカウンターで注文をしましょう。量り売りの場合が多いので、必要なものと、量をそれぞれ注文します。

包んで渡してくれるので、レジで支払いをします。

こんな所でお魚が買える、地元のシーフード屋さん

シドニー・フレッシュ・シーフード

新鮮な野菜でお馴染みのハリスファーム・マーケットの中には、新鮮な魚介類を扱うお店があります。シドニー・フレッシュ・シーフードと呼ばれ、シドニー各所に店舗があるので、最寄りのお店がないか確認してみてください。

詳しくはこちらから → https://www.harrisfarm.com.au/pages/sydney-fresh-seafoods

Sydney Fresh Seafood 店舗
Sydney Fresh Seafood @ Potts Point
住所:Lower Ground, Harris Farm Markets,24-30 Springfield Avenue, Potts Point NSW 2010
電話:02 9380 2200
Sydney Fresh Seafood @ Manly
住所:Shop 3, Harris Farm Markets, 259 Pittwater Road, Manly NSW 2095
電話: 02 9977 7240
Sydney Fresh Seafood @ Wetherill Park
住所:Shop 7b, Greenway Plaza, 1183 The Horsley Drive, Wetherill Park NSW 2164
電話:02 9757 2227
Sydney Fresh Seafood @ Penrith
住所:Shop 15, Westfield Penrith, High St, Penrith NSW 2750
電話:02 4731 4268

ハリス・ファーム・マーケットでは、オンラインでもお魚が買えます。
詳しくはこちらから → https://www.harrisfarm.com.au/collections/seafood

近所のお魚屋さん

魚を食べる習慣のある移民が多い郊外に、豊富な品ぞろえの魚介類が買えるお店が増えてきています。

シドニーでシーフードを置いているお店は、シドニー・フィッシュ・マーケット(本記事下に詳細あり)から魚を卸しています。規模が小さいお店でも、厳然されたシーフードを置いているので、ぜひ一度覗いてみたいですね。

こんな所にも人気のお魚やさんが
Kirribilli Seafoods
住所:12 Fitzroy St, Kirribilli New South Wales 2061
電話:(02) 9929 4680
PADDYS MARKETS AT HAYMARKET
住所:Hay Street Corner of Thomas Street, Haymarket NSW 2000
電話:(02) 9325 6200
Costi’s Fish & Chips
住所:Shop 18/ 50 Bridge St, Sydney New South Wales 2000
電話:(02) 8233 0014
Notaras Fish Market
住所:71-91 Spring St, Bondi Junction New South Wales 2022
電話:(02) 8065 3201
Entertainment Quarter Growers Markets
住所:Lang Rd, Moore Park New South Wales 2021
電話:(02) 8117 6700
The One That Got Away
South Bondi/Tamarama
住所:163 Bondi Rd,Bondi New South Wales 2026
電話:(02) 9389 4227

こんなところに!?Faros Bros Seafoodは隠れた人気店

Faros bros

写真:Faros Brothers Fine Seafood Providore Facebook より

Faros Brothers Fine Seafood Providore は、マリックビルにあるお魚屋さんです。

小型の卸売り店ともいえるような店内には、ありとあらゆる種類の魚介類が並びます。安価で質のいい魚介類が手に入るということで、週末にはとても混み合っています。

混雑時は、入り口横にあるチケットを取り、番号が呼ばれるまでに商品を選び、順番が来た時にほしいものを注文するという流れになっています。

クリスマスなどの繁忙期には、行列ができるほどの人気ですが、週末でも閉店1時間前程度ですと混み合っていないようです。品ぞろえ、値段に驚くだけでなく、美味しいお魚が必ず手に入ること請け合いです。

information

Faros Brothers Fine Seafood Providore
◆住所: 34 Buckley Street, Marrickville, New South Wales 2204
◆電話: 02 9519 3785
◆営業時間:月曜-金曜日 7:00-18:00, 土曜 7:00-17:00, 日曜 8:00-17:00
◆WEB:https://www.facebook.com/pages/Faros-Brothers-Fine-Seafood-Providore/128659067320541 (Facebook)
◆Info:電車のSydenham Station から徒歩5分

シドニー・フィッシュマーケット

シドニーのフィッシュ・マーケットは近年ますます活気を増しています。扱う魚の種類も多様性を増し、年間500種類ほどになり、その大半がオーストラリア産のお魚介類です。南半球最大、世界では3番目に多くの魚介類を扱っており、世界規模でもよく知られる魚市場となっているようです。

マーケット内では新鮮なシーフードが並び、揚げたてのフィッシュ&チップスなど、その場で調理したシーフードが楽しめます。

シドニー市内からバス、またはトラムで10分程という便利な場所にあるので、週末にお魚を探しに行くのもいいですね。

fisharket-seafood

シドニー・フィッシュ・マーケットについてはこちらから 
→ http://move.nichigopress.jp/sydney-life/food/fishmarket/

意外と買える、日本でおなじみの魚について

オーストラリアで手に入る魚リスト

Barramundi

Barramundi バラマンディ
癖のない白身が特徴で、レストランでもよく目にする魚です。淡水魚のイメージもありますが、塩分にも適応性があり、沿岸の浅海・汽水域なども往来します。海で捕れるものの方がおいしいとされています。

Snapper

Snapper 鯛
日本人にはなじみのあるマダイは、比較的手に入りやすい魚のようです。刺し身、煮付け、焼きまで色々な調理方法で楽しめます。ニュージーランド産のもののほうが脂がのっているため人気のようです。

Boarfish

Boarfish クサカリツボダイ
脂がのっており、甘みがあって美味ということで刺し身はもちろん、焼くと脂から来る甘みが感じられます。煮物にしてもおいしいですが、お薦めは干物。ぜひ一度試してみてみたいです。

CoralTrout

Coral Trout アカジンミーバイ
沖縄の3大高級魚の筆頭に挙げられる魚で熱狂的なファンも多いですが、一般的にはあまり知られていません。そのためこちらではねらい目です。刺し身、煮物、ソテーなど何にしても合うでしょう。

Flathead

Flathead コチ
その名の通り上から押しつぶされたようなユニークな容姿を持ちます。高級なフィッシュ&チップスなどに使われることも多いです。上品で甘味がありつつ後味の良いさっぱりとした味わいです。

Salmon

Salmon サーモン
非常にきれいな水の中品種改良を重ねて作られたタスマニアの養殖ものが人気です。世界的にも評価が高く、日本人の間でも北海道の鮭と甲乙つけがたいとの声なども上がっています。

Ocean Trout

Ocean Trout 鱒
サーモンと並びタスマニアの養殖場で育てられたものが人気です。一般的にサーモンよりも脂がのっているとされており、人気レストラン「テツヤズ」のシグネチャー・ディッシュにも使われていいます。

Imperadore

Imperadore 南洋金目鯛
日本では南洋金目鯛よりも金目鯛のほうが高級魚扱いですが、オーストラリアでは南洋金目鯛に味の軍配が上がります。刺し身、煮つけ、焼き、どのような食べ方にしてもおいしいです。

Bug

Moretonbay Bug ウチワエビ
ユニークな形をした海老の一種でボイルされた状態で売られているものを買えば殻を割ってそのまま食べられます。伊勢海老よりもおいしいという声も上がる一度は試したい食材です。

Leather

Leather Jacket カワハギ
刺し身はもちろん煮付けても揚げてもおいしく使いやすい魚として人気です。店頭ではとげがあって危険な頭や分厚い皮などははがされた状態で売られています。

Sandw

Sandwhiting キス
オーストラリア、ニュージーランドの浅い砂地に棲息し、ときに汽水域にも入り込みます。塩焼きなどで食されることも多いですが刺し身や汁物にしてももちろん美味です。

OctSqui

Cuttle Fish, Squid スミイカ、スルメイカ
左がコウイカ類のイカで日本食レストランなどで刺し身で出てくるのはこちらです。柔らかくて美味です。右はリング状の揚げ物などに使われるするめいか。うまく使い分けたいものです。

日本食材店の老舗 夢屋で日本ならではの魚を買う

毎日日替わりの特選商品から、週末金曜日から月曜日までの店頭特売セールなど、厳選された日本食料品をリーズナブルな価格で提供しています。サンマ、ウナギ、カツオの叩きなど、日本人が恋しくなる魚を揃えていることがあり、「あれが食べたい…」とホームシックになる時にはピッタリですね。

日豪プレス内のUmeya blogでは特売セールの情報が毎週アップされるのでチェックしてみてくださいね!美味しいお魚の情報もチェックできるかもしれませんよ。

katuo and shirasu

左:カツオのたたき、右:釜揚げしらす

information

夢屋
住所:Shop 2, 34-48 Alexander St., Crows Nest
電話番号:02 9439 3784
営業時間:
月曜日〜水曜日:10:00 – 19:00
木曜日:    10:00 – 21:00
金曜日:     10:00 – 19:00
土曜日・日曜日:10:00 – 19:00

行き方 
Crows NestのPacific Hwy と Falcon St の角から近い新モール内です。
Crows NestまではシティからTown Hall 近くのバス停から200番またはM20のバスになります。

シドニーでお魚を買う方法まとめ

いかがでしたでしょうか。シドニーではスーパーマーケットから地元のお魚屋さん、大きな市場まで、いろいろな場所でシーフードを購入できます。

煮物や焼き魚を食べる機会は日本に比べると格段に少ないですが、これらの場所で魚を購入して調理してみるのもいいですし、オーストラリア流のシーフード料理を楽しむのもいいですよね。ちょっとお肉ばかりだと飽きてしまったな…という時にぜひ参考にして、オーストラリアでの生活を豊かにするお手伝いになれば幸いです!