車に乗る

車に乗る
日本の運転免許証をオーストラリアの免許証へ書き換えるのは簡単で、日本と同様に車は左側通行、道路も広く運転しやすい。オーストラリア流のカー・ライフを安全に、そして快適に楽しんでみては。

日本の免許を活用する

 オーストラリアは日本と違い、自動車や運転免許に関することは各州政府が管轄しているため、州によって条件などが異なることを理解しておこう。

 観光などでオーストラリアに短期間滞在する場合であれば、日本の運転免許や国際免許で自動車を運転できる。長期滞在の場合は、オーストラリアの運転免許へ書き換えることが法律で定められている。

 書き換えには、①日本で有効な運転免許証、②免許証の公的な英訳、③パスポート、学生証やクレジット・カードなどの身分証明、④タックス・ファイル・ナンバー取得時の手紙や電気料金の請求書など住所が確認できるもの(州によって異なる)などが必要。

オーストラリアで免許を取る

 日本でまだ運転免許を取得していない人は、オーストラリアで免許を取るのもお勧めだ。一般的にオーストラリアは日本よりも教習費用が安価だ。オーストラリアで免許取得後3カ月以上が経てば、帰国後に日本の免許に書き換えることが可能(外免切替)。

車を買う

 ディーラーであれば、中古車でも整備されており、一部制限はあるが保証もある。一方、個人売買は安く購入できるが、保証がないなどのリクを伴う。コンディションの当たり外れもあるので、車に詳しい友人などと一緒にチェックしよう。

 また、盗難車やローン返済中かどうかなど必ず車の履歴を「REVS Check」で確認すること。更に、NSW州、QL D州、TAS州では車の売買時にロードワーシー・サティフィケート(Roadworthy Certificate/RWC)と呼ばれる「車両点検証明書」の提示が義務付けられている。州をまたぐ中古車購入は、手続きが非常に複雑になるのでお薦めはできない。

 売買が成立したら、陸運局(Roads & MaritimeService/RMS)で名義変更を行い、その後登録手続きをする。

■REVS Check
Web: www.revscheck.com.au

もしもの時は……

 交通事故に遭ってしまった場合は、以下のように対処しよう。

①直ちに車を止めて安全確保、負傷者の確認をする。

②死傷者がいる場合は、電話で「000」にかけ警察の出動を要請する(事故の相手が非協力的だったり、酒や薬物を使用していると思われる場合なども同様)。

③事故発生の日時と場所、お互いの氏名、住所、電話番号、車のナンバー、車種、自動車保険の詳細などを交換する。目撃者がいる場合は連絡先を聞いておく。事故の状況が分かるように写真やビデオ撮影しておくのも良い。

④レッカー車が必要な場合は呼ぶ。

⑤保険会社に連絡。損害の規模が大きかったり、重度の後遺症が残るなどの場合は交通事故を専門とする弁護士に必ず相談する。

 日本の運転免許証をオーストラリアの免許証へ書き換えるのは簡単で、日本と同様に車は左側通行、道路も広く運転しやすい。オーストラリア流のカー・ライフを安全に、そして快適に楽しんでみては。

kuruma1


「車のことなら何でもお任せ」をモットーに新車・中古車販売や買取サービスなどを提供

スコッツ・モーター・グループに常駐するスタッフ一同

スコッツ・モーター・グループに常駐するスタッフ一同

南半球最大のホンダ・ディーラーとして1938年より70年以上にわたり、新車・中古車の販売、点検・整備、車の買い取りを行っているスコッツ・モーター・グループ。「スコッツ・ホンダ」と「ホーンズビー・ホンダ」は、NSW州及び全豪においてもホンダ販売店として最大級のショールームと整備施設を備え、経験豊かな整備スタッフや販売スタッフを数多く配備している。

 ホンダ顧客満足度調査でもN S W州内及び全豪で常に最上位を維持しており、これまでに数多くの賞を受賞してきた。「スコッツ・ホンダ」はホンダ認定のN S X販売店となった。認定店は全豪のホンダ・ディーラーのうち5社だけで、N SW州では「スコッツ・ホンダ」のみ。認定されるには、スポーツ・ハイブリッド車を販売するセールス知識、そして建物などの設備が整っていることが条件だという。

 2019年1月、社長に續つづき木孝幸氏を迎え、シドニーの顧客に密着できるディーラーを目指し、新たな体制がスタートしている。新体制は、海外でも多くの成功を収めている親会社である「VTホールディングス」の現地スタッフと日本人スタッフが協力し合い、更にきめ細やかなサービスが行われている。

左から、人気の小型車「Jazz」、新型「Civic」、スポーツ・カー「NSX」

左から、人気の小型車「Jazz」、新型「Civic」、スポーツ・カー「NSX」

 「スコッツ・ホンダ」と「ホーンズビー・ホンダ」は、シドニーに住む日本人居住者や、同地で新しく生活する日本人顧客に行き届いたカー・ライフを提供できるよう新車・中古車販売を始め、車検・点検の修理依頼などホンダ車に限らず、「車のことなら何でもScotts Motor Groupへ」をモットーに励んでいる。

 両店は日本語専用デスクを設置し、車の商談や修理について受け付けており、2019年5月現在、サービス・エンジニアを含めた6人の日本人スタッフが在籍している。心の込もったサービスを提供してくれる専任スタッフに、何でも気軽に相談してみよう(日本語専用デスク営業日:月~金8:30AM~5PM)。

Scotts Honda
■住所:291 Pacific Hwy., Artarmon
■Tel: (02)9431-2333(代表)
■Email: Japandesk@scottsgroup.com.au(日本語)
■Web: www.scottshonda.com.au
■営業時間:ショールーム、無休/点検・修理、土PM・日休 

Hornsby Honda
■住所:160 Pacific Hwy., Hornsby
■Tel: (02)9472-2100(代表)
■Email: Japandesk@scottsgroup.com.au(日本語)
■Web: www.hornsbyhonda.com.au
■営業時間:ショールーム、無休/点検・修理、第1・第3土曜営業、日休

kuruma4