シドニー新生活ガイド – 歴史・文化

シドニー新生活ガイド – 歴史・文化
先進国の中では、アメリカなどと並び比較的歴史の新しい国・オーストラリア。建国以来、急速な政治的・経済的発展を遂げ、同時に多様な国籍の人びとを受け入れるマルチカルチュラルな国家の代表となっている。

オーストラリアの歴史

 1770年、イギリス人探検家・ジェームズ・クックがボタニー湾に上陸。88年には、イギリスはオーストラリアを植民地として領有することを正式に宣言し、政府を樹立した。イギリスは当初アメリカを流罪植民地にしていたが、アメリカが独立したため、オーストラリアがそれに替わる位置付けとなった。

 1828年にはオーストラリア全土がイギリスの植民地となったが、開拓の過程で先住民への迫害も多く行われた。1901年にシドニーでオーストラリア連邦制が宣言され、これが事実上のイギリスからの独立となる。ただしその後も、今日までイギリス連邦に所属し、イギリス国王・女王への忠誠を守り続けている。

 第1次世界大戦ではニュージーランドと共にオーストラリア・ニュージーランド軍団(ANZ AC)を結成し、オスマン帝国との戦いに参加した。戦地上陸の日は、アンザック・デーとして国民の祝日になっている。

 ゴールド・ラッシュなどにより移民が急激に増加したことを背景に、20世紀前半には白豪主義と呼ばれる白人最優先の人種差別政策が取られたこともあったが、後半には完全撤廃された。

 現在では、さまざまな国籍の移民が混在して生活する、世界でも有数の多国籍・多文化国家が形成されている。

国旗について

mov1938

 オーストラリアの国旗は右の5 つの星で南十字星を、左の大きな七稜星で同国の6 つの州と特別地域を表している。

 1903 年2 月に誕生した国旗だが、正式に承認されたのは「The FlagsAct 1953」(国旗法)が53年11月に国会で可決されてから。以降、“Australian National Flag”と呼ばれ
ている。

オーストラリアの祝祭日

 オーストラリアの祝祭日には元日やクリスマスの他、オーストラリア・デー、イースター・マンデー、アンザック・
デー、ボクシング・デー、クイーンズ・バースデーなどが挙げられる。

 祝祭日は、各州や準州政府により異なっており、また元日やクリスマスが土曜日または日曜日の場合は、次の月曜日が振替休日となる。

■オーストラリアの祝祭日(Public Holidays)
Web: www.australia.gov.au/about-australia/special-datesand-events/public-holidays

言葉とあいさつ

 オーストラリアの英語は「オージー・イングリッシュ」と呼ばれ、独特の発音や言い回しがある。代表的なものに「A」をアイと発音することが挙げられる。例えば、「Monday」がマンダイ、「Lady」がライディなどだ。

 また、よく聞くオージー・イングリッシュに「G ‘d ay,mate!」(グダイ、メイト)がある。これは「Good day,mate!」が短縮されたものだが、くだけたあいさつの一種として話されている。他にも、人混みでぶつかったりした時などに謝ると「No worries」という言い方で返されるのもよく耳にするだろう。

「Koala Net」というウェブサイトには、このようなオージー・イングリッシュが紹介されているので、参考にしてみよう。

■Koala Net
Web: www.koalanet.com.au/australian-slang.html

mov1938-2