日本で見かけない食べ物にチャレンジ!~オージーライフ編~

日本で見かけない食べ物にチャレンジ!~オージーライフ編~

目にする機会はあるけれど、わざわざ冒険をして試すこともない…そんな風に思っているものがみなさんあるのではないでしょうか。

今回はオーストラリアにいればどこでも見つけられる、「オージーらしい食べ物」が食べられるようになることを目指して、3つの食品を紹介していきます!

ベジマイト

オーストラリアに来た人なら誰もが聞いたことがあるはずのベジマイト!皆さんはすでに試されましたか?パンに塗って食べるスプレッドと呼ばれるものの一つですが、非常に塩気の強い発酵食品ならではの独特の味わいがあります。

ベジマイトを食べる際の注意とは!?

まったく前知識なしにたくさん塗って食べようとする方もいますが、そんなことをすると嫌いになること間違いなしです!オーストラリア人でも、トーストに薄く塗って食べているので要注意です。

また、これ単体で塗って食べるのではなく、バターと一緒に塗ったり、上にスライスチーズをのせるなどのアレンジをして食べる人も多いようです。そうすることで、少しマイルドな味わいになるので、日本人にも食べやすい味になると思います。

ただし、こればかりは好き嫌いが出るものなので、やっぱり無理だという方もいると思います。

オーストラリアでは国民の味として親しまれているベジマイトですので、パン屋さんではベジマイトが塗り込まれたパンが売っていたりするのも見かけます。見た目はチョコロールとそっくりですので間違えないようにしてくださいね。

ちなみに…
オーストラリアにもたくさん生活しているニュージーランド人は、ベジマイトとそっくりのマーマイトというスプレッドが国民食なようです。キッチンの戸棚にマーマイトを見つけたら、実はニュージーランドの人かもしれませんね。味はほとんど同じですが、ほんのり甘みがあるような気がします。

ベイクドビーンズ

baked beans
ベイクドビーンズはスーパーの缶詰売り場で発見できます。イギリスからの食習慣で、オーストラリアでも親しまれているB級グルメと言える食材です。

缶を開けると、薄目のとろりとしたトマトスープで煮られた白インゲン豆が入っています。これを温め直すだけで食べることができます。味付けは甘めなので、そこがネックになる方もいるかもしれませんが、特に強烈なエキゾチックさはありません。

オーストラリア人はベイクドビーンズをどう食べるの?

サイドディッシュとして

イングリッシュ・ブレックファストと呼ばれるイギリスの朝食にあるように、卵料理、ベーコンの横にベイクドビーンズを添えるのがオーストラリアでも一般的です。

卵料理以外には、ミートパイにサラダとともに添えるのもおすすめです。

トーストにのせて

日本でも納豆トーストをして食べる人がいますがパンと豆は合うということなんでしょうか。ベイクドビーンズをトーストにのせて食べるシンプルな軽食に人気があるようです。

ベイクドビーンズの缶詰は基本的に安いので、手軽に食べれておなかの膨れるものとして定着しているようです。

ウィートビックス

bannaa-weetbix
こちらも国民的な朝食として有名な食品ですが、なかなか自分だけでは試さないものの一つではないでしょうか。

ホームステイ等をされている方なら、食べ方を知っているかもしれませんが、自分で何も知らずに食べると大概失敗します。というのも、ウィートビックス自体にはほとんど味がなく、ただのぱさぱさとしたシリアルの塊だからです。おいしく食べるには少しアレンジが必要です。

そんなものがなぜ人気なのかというと、気軽に買えて長持ちする上に、全粒粉を利用して健康にいいというところではないでしょうか。活用できれば簡単にヘルシーな朝食を作れるのでぜひ試してみたいところです。

ウィートビックスをおいしく食べる秘訣とは?

基本は他のシリアルのように牛乳を注いで食べます。甘味はあまり感じられないので、お好みで砂糖を振りかけたり、はちみつを足すとよいでしょう。

また、バナナやイチゴ、ソルタナ(日本でいうレーズン)などのフルーツを足したり、牛乳と一緒に少しヨーグルトを足しても口当たりが変わって楽しめます。

サクサクのうちにスプーンなどで崩しながら食べるのが一般的なようです。

また、シリアルと違ってフレーク状の層がとても薄いので、牛乳に浸しておくとすぐに柔らかくなります。そのため、寒い季節にはお粥のようにして温かいものを食べる人もいるようです。その際はまずお湯をかけてお粥状にして、基本は砂糖などとミルクを加えてとろみのあるホットミルクのように食べるそうですよ。

もうちょっと楽しみが欲しい人には…ミロの粉を足してココア風味を足すという技もあるそうです♪おいしそうですね。

まとめ

チャレンジしたい食品オージーライフ編はいかがでしたか?

日本でも、日本人しか知らない食べ方、食べ物があるように、オーストラリア生活に漬かってみないとなかなかやらないであろう食べ物、食べ方を紹介してみました。

身の回りにオーストラリア人がいる方は、ぜひこれらの食品について、食べ方なども含めて色々聞いてみてくださいね。