会話に生かせる!クリケットのルールをゆるく解説

会話に生かせる!クリケットのルールをゆるく解説

日本ではなじみのないクリケットというスポーツ、オーストラリアではとても人気があります。日本で有名でないからと言って侮るなかれ、実は世界ではなかなか人気のスポーツで、競技人口はサッカーの次に多いと言われています。

3本のスタンプ、上に乗った2つのベイルでなるウィケット

3本のスタンプ、上に乗った2つのベイルでなるウィケット

クリケットは、オーストラリアのパブなどのテレビで観られており、スポーツバーなどに行くと観戦者で盛り上がっています。大きな試合の結果などは、友達や同僚との会話の中にも出てくるかもしれません。

ルールを少し覚えておくだけでも、観戦したときの楽しみが違ってきます。野球と似ているようで全く違うクリケットについて、ぜひこちらの記事で基本のルールを覚えて日常会話を楽しんでください。

ゲーム形式

11人で構成された2チームで対戦し、打撃側と守備側に分かれます。オーバルと呼ばれる競技場はその名の通り楕円形をしており、半径が70メートルほどの大きさです。

オーバルの中のフィールド

オーバルの中央にはピッチと呼ばれる場所があり、両端にウィケットが設置されている

野球のように守備側がボールを投げ、攻撃側がバットを持ち、得点(ラン)を狙います。攻守の1セットを1イニングと呼びます。

守備側の投手(ボウラー)は6球ごとに交代し(1オーバー)、対する攻撃側の打者(バッツマン)は、アウトを取られたら交代していきます。守備側が10アウトを取るか300球投げた時点で攻守が交代となります。

全体のゲームは2イニング行われ、試合全体で4日~5日かかります

守備側はどう動くの?

守備の方々

左から、投手(ボウラー)、捕手(ウィケット・キーパー)、野手(フィールダー)

楕円形の競技場の真ん中にピッチという20メートルほどのスペースがあり、両端にウィケットとよばれる棒が設置されています。

投手(ボウラー)が投げた球がウィケットに当たり、倒すと1アウト、またはノーバウンドでボールをキャッチした場合1アウトとなります。できるだけ早く10アウトを取るか、300球投げ切ることで攻撃側に回ります。

攻撃側はどうポイントを取るの?

攻撃側の方々

左から、打者(バッツマン/ストライカー)、打者(バッツマン/ノンストライカー)、ベンチで座っている他の選手だち

打者(バッツマン)がボールを打った後はピッチの反対側に向かって走るのですが、ピッチの反対側にもう一人バッツマンが存在し、2人とも反対側にたどり着いたら1得点(ラン)となります。この時2人いるバッツマンの、実際に打つ人をストライカー、走るだけの人をノンストライカーと言います。

打球が守備により返ってくるまでの間は、2人のバッツマンがピッチを行き来し追加得点を狙います。この時、守備側がボールでウィケットを倒すとアウトとなります。

基本的にこのようにピッチを走ることによる得点を狙いますが、野球のホームランのように、大きなヒットは大きな得点を狙うチャンスとなります。クリケットでは球場の周りにバウンダリーと呼ばれる線があり、ノーバウンドでボールがバウンダリーを超えると6得点(ラン)バウンドした場合でも4得点(ラン)を獲得することができます。

こんなところが野球と違う

高得点があるので試合がダイナミック

一気に野球で6点をとれるなんてことはまずありません!バッツマンがピッチを駆けてとる得点も盛り上がりそうですが、ホームランのような打撃で6点とったことを考えると爽快です。

突き指しないか心配になる

クリケットは表面が革でできた硬球を使用しますが、キャッチャー以外は素手でプレイします。ものすごい速さの球をバウンドなしで素手でキャッチすると考えただけでも難しそうです…。

後ろも守る必要がある

球場が楕円形なだけあり、バウンダリーは360度に設置されており、守備もピッチ周りをぐるりと囲む形で行われます。

休憩時間の名前がかわいい

通常のクリケットは1試合に5日間もかかるため、休憩時間がたくさん用意されています。ランチタイムやティータイムと呼ばれる休憩が、なんともイギリスの文化を漂わせます。実際のティータイムでは、残念ながら特にお茶を飲んでいるシーンを見たことはありません。

伝統的には選手や観戦に来た家族などが一緒になってお昼を食べる姿が見られたとか。

まとめ

バットを持った人が2人いるというだけで、野球に慣れた私たちにはなかなかルールを理解するのが難しいと思いがちですが、基本さえ押さえてしまえば観戦には十分です。

なんとなくでもバウンダリーを超えたから点が入るぞ!だとか、バッツマンすごい走ってる!これはいけるぞ!という雰囲気が味わえますね。

マルチプレイが求められる選手たち、長時間のプレイ時間が相まって、なかなか戦略的なゲーム展開が必要なスポーツらしいですが、まずは簡単なところから楽しんで、ぜひオーストラリア人と盛り上がってみてください。