【コラム】紫外線対策を忘れずに

【コラム】紫外線対策を忘れずに

コラム 紫外線対策を忘れずに

アウトドアでのコンサートやスポーツ観戦などの場合、紫外線の強いオーストラリアでは紫外線対策は必須です。

適度な紫外線はビタミンDを体内で合成するなどのメリットもありますが、オーストラリアの紫外線は日本の7〜8倍あるといわれ、メリットよりも危険性が大きくなっています。

Cancer Council Australia(Web:www.cancer.org.au)では、Slip(長袖の上着を着る)、Slop(日焼け止めクリームを塗る)、Slap(つばの広い帽子をかぶる)、Seek(日陰を探す)、Slide(サングラスをかける)というスローガンを掲げ、紫外線対策キャンペーンを行っています。

紫外線対策は子どもたちも例外ではなく、「No Hat, No Play Policy」を基本方針とし、帽子を着用しない子どもは外遊びはしないように指導しています。毎朝登校前に日焼け止めを塗ることや、通学中も学校でもサングラスを着用することが奨励されているようです。