情報収集とチケット入手

情報収集とチケット入手

オーストラリアというと、雄大な自然や美しく広がるビーチなどのイメージが先行しがちですが、オーストラリアの主要劇場で行われているオペラやバレエ、クラシック・コンサートは高い水準で国際的に認められています。アートに関連したフェスティバルやイベントも多数開催されます。

情報収集の仕方

最新の情報を収集するには、シドニーの地元日刊紙、『The Sydney Morning Hrald』(Web: www.smh.com.au)や『The Daily Telegraph』(Web: www.dailytelegraph.com.au)のエンターテイメント欄が便利。また、イベント情報などを入手するには街角で見かける観光案内所を利用するのもいいかもしれません。
目的に応じてお薦めのものを教えてくれます。
更に『What’s On』(Web: whatson.cityofsydney.nsw.gov.au)や『日豪プレス』(Web: nichigopress.jp)などの無料情報紙(誌)からも情報が入手可能です。

チケットの入手の仕方

イベントやコンサートのチケットは、多くの場合が劇場などのサイトで購入できるようになってきているが、「BOX OFFICE」と呼ばれる劇場の窓口に電話で予約したり直接出向いて購入することもできます。
また、「Ticketek」(Web: premier.ticketek.com.au)や「Ticketmaster」(Web: www.ticketmaster.com.au)などのチケット・エージェンシーのサイトで購入するといった方法もあります。

日本語でいうダフ屋をScalpersと言いますが、コンサート・チケットなどの「Terms and Conditions」欄に「not for resale」と印字されている場合、Scalpersがチケットを売ることは違法です。
また個人間売買も違法なので、新聞などのクラシファイド欄で「チケット売ります」などの個人広告欄から購入は注意しましょう。
また、「not for resale」と印字されていなくても、転売に関する規約を別途規定している場合があります。

ちなみに、Ticketmasterのウェブサイトには、「Resale」のコーナーがある。ここでは既に売り切れたチケットが合法的に再販売されています。