これで完璧♡オーストラリアのバレンタインデー

これで完璧♡オーストラリアのバレンタインデー

日本では女性から男性へ愛を告白する日として有名なバレンタインデーですが、オーストラリアでは一味違った習慣があります。

日本のような義理チョコや友チョコも楽しいですが、オーストラリアならではの楽しみをぜひ味わってくださいね。

はじめに、「バレンタイン」ってなに?

バレンタインデーは聖バレンタインの日とも言われ、ローマの司祭である聖バレンタインに由来した祭日とされています。

当時結婚を禁止されていた兵士たちのために、こっそりと結婚式を開いてあげたという聖バレンタインの逸話から、愛の誓いをする日として彼の名が挙がるようになったのだとか。

バレンタインデーには実際なにをするの?

old-couple-w690

オーストラリアのバレンタインデーは日本と同じ2月14日で、愛の告白の日ではありますが、どちらの性別から…とは決まっていません。なので、日本のように女性から男性へというケース、男性から女性へというケースだけでなく、同性の方ももちろん楽しんでいますよ。

また、「愛」の形は様々で、恋人同士時間を楽しむこともあれば、家族でカードやギフトを贈る場合もあるようです。

オーストラリア人がどのようにバレンタインデーを演出するかは、以下を参考にしてくださいね。

花束を贈る

rose-w690
当日は駅の構内や路上でも花が販売されるほど、バレンタインデーのメジャーな贈り物となっています。大きなものから気軽なものまで揃っているので、さりげなく渡すのにもちょうどよいものがたくさんあります。

街行く人々を眺めれば、花束を抱えた人をたくさん見かけることができるでしょう。

オーストラリアのバレンタインデーで販売されたバラの統計についてのデータでは、各州でおよそ$50~$80ほどの花束を購入していたという結果が出たそうですよ。

チョコレートを贈る

日本と同じ習慣ですが、誰から誰に…といったこだわりは特にありません。

オーストラリアでも人気のあるイギリス生まれのチョコレート会社、キャドバリー(Cadbury)が1868年にバレンタイン用のチョコレート詰め合わせをハート形の箱に入れて発売。以来バレンタインデーでもおなじみの贈り物となっているようです。

とはいえオーストラリアではギフトの代表で、どのイベントでもプレゼントして一番に挙がるのがチョコレートですので、バレンタインデーだから…ということではなさそうです。

ちょっとしたギフトを贈る

花束やチョコレートを代表としたバレンタインデーのギフトですが、何を贈るか特に決まっているわけではありません。

そのため、カードと共に商品券等を贈る人も多いようです。また、高価なものになれば宝飾品、ネクタイやネクタイピン、時計などを贈る人もいます。

おしゃれな外食を楽しむ

シドニーのレストランが大忙しとなるこの日。たくさんの人がいつもと一味違った食事を楽しむようです。そのため、もし誰かを誘いたいなと思っている場合は、早めに予約をする必要がありそうです。

この日のためにメニューを用意するレストランも多いので、特別な時間を演出することができそうですね。

また、ちょっと趣向を変えてクルーズ等のディナーを予約する人も多いようです。この時期観光したいと思っている方は思いがけず混雑する可能性も高いのでご注意ください。

オーストラリアならではの楽しみ、ピクニック

外食と言っても、2月が暖かいオーストラリアでは陽気の中ピクニックを楽しめる季節。レストランだけではなく、野外でゆったりと過ごすのもおすすめです。真っ青な芝生の上で海を眺めながら恋人と時間を過ごすのは、何にも代えがたい時間になりますよ。
サンドイッチやオリーブ、ハムなどのデリとワインを用意するのが一般的ですが、屋外での飲酒は決められた場所でのみ可能なので、事前に調べておくとよいでしょう。

大切な記念日にする

愛の誓いの日ということで、バレンタインデーにプロポーズをしたり、結婚式の日とする人もいるようです。

一生忘れられないロマンティックな演出ですよね。

恋人がいなくても楽しみたい人がたくさん。出会いのチャンスも?

date-w690
オーストラリアで最大の銀行のうちの一つ、コモンウェルス銀行がバレンタインデーについて調査した際に、バレンタインデー直前の週には出会い系アプリの利用率が急激にアップしていたという結果が出たそうです。

また、利用者のほとんどは男性だったということなので、恋人を探し中の女性にとってはもしかするとチャンスの時期かもしれませんね。

恋人が見つかって一緒に楽しい時間が過ごせる日になるなら、バレンタインデーさまさまといったところでしょうか。

見返りは期待しないで?!ホワイトデーはありません

恋人達の日として有名なバレンタインデーは日本と同じ日にありますが、日本のようにホワイトデーは存在しません。

ちょっと奮発したからといってお返しが返ってくるとは期待しないほうが良いでしょう。

与えたいものだけ与え、受け取りたいものだけ受け取るオーストラリア流のバレンタインデー。ぜひ親しい人と楽しんでくださいね。